Link

知財

[書評] インビジブル・エッジ

久々に書きます。昨年知財関係者の間で流行った本ですが、ようやくちょっと前に読み終わりました。Amazonのレビューにも投稿しておいたので内容と全く同じですが・・。

----------------

先日GoogleがMotorola Mobilityを約1兆円で買収するというニュースが流れた。Googleの目的は色々と取りざたされており、Google自身もAppleのように携帯電話製造に乗り出すのではないかと見る向きもあれば、Androidのプラットフォームに参入しているパートナー企業の携帯電話メーカーを訴訟の脅威から守るために、Motorolaの保有している特許を入手したに過ぎないという見方もある。

このインビジブル・エッジを読んでいる最中だったので、このニュースに接したとき、Googleの狙いは後者以外にないと思った。なぜなら、物づくりをしている企業はそれだけで弱みを抱えているからだ。すなわち、携帯電話メーカーであれば、規格にからんだ必須特許を使わざるを得ず、強い交渉力を得ることができない。

この本では、物づくりを行なっている企業のことを、中から外に向けて石を投げることができないので「ガラスの家」と読んでいる。これに対して、イノベーションに注力して有効な特許を持っていながら物づくりをしていない企業を「サメ」と読んでいる。このサメ型企業の典型はQualcommであり、物づくりをしている企業に対して強力な知財による交渉力を有し、莫大なライセンス料を得ている。

Googleはもともと物づくりをしていなかったので、強い特許さえ手にすれば、Qualcommのようにサメ型の企業となることができる。それに対して、AppleやMicrosoftなど、Android陣営に対して攻撃を仕掛けてくる相手は、物づくりをしている以上、「サメ」ではなく「ガラスの家」に過ぎない。したがって、物づくりをしていないGoogleが知財という武器を手にすれば、すぐに優位な位置に立つことができる。Googleがこの有利な立場を捨ててまで物づくりに固執することは考えにくい。

なお、このレビューを書く直前の9月7日に、Androidのプラットフォーム上でAppleと訴訟を繰り広げている台湾のHTC社に対して、今回Motorolaから得た特許を含む9件の特許を譲渡している。これは、最前線で戦っているHTCに対して、強力な武器弾薬を補給したような形となっており、先に述べたようにGoogleは特許をAndroidのプラットフォームを訴訟の脅威から守るための盾として利用していることが明らかだ。

インビジブル・エッジという題名からは、「見えない刃」という言葉を連想するが、このエッジという言葉は「競争優位」という意味もある。上述したGoogleの例にもあるように、現在は見えない武器としての「知財」をどのように利用するかでめまぐるしく競争戦略上のポジションが変化する時代である。この本の著者はBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)において経営戦略の研究を行ってきた人達であり、ポーター教授の「競争の戦略」の内容を踏まえ、業界の競争環境を分析するフレームワークであるファイブフォースの中における知財の占めるポジションについても明確にした上で話を展開している。それゆえに、話の流れも明確で極めてわかりやすい。従来よくあった知財関係者による単なる思いつきや事例紹介の本とは一線を画していると感じた。知財関係者に限らず、経営に興味のある方々であれば、決して読んで損はない本だと思う。

[書評]マイクロソフトを変革した知財戦略

Microsoftがいかにして知財戦略の方針を転換していったかを、実際に携わった当事者が(秘密保持契約の許す範囲内で)生々しく語った内容がもとになっており、極めて貴重な証言である。デファクトスタンダード化したソフトウェアを利用する代償としてPCメーカーなどのパートナーに対して、NAP(不争条項)を強引に押し付けて、係争を回避しようとしていた時期(2000年以前)から、自社特許のポートフォリオ化に手を付けるとともに、不争条項を撤廃して積極的に他社とクロスライセンス契約を結び、積極的に自社以外の力も活用しながらイノベーションを推し進めていく姿勢に転換していくくだりは極めて面白い。

ただ、誤解してはいけないのは、Microsoftはオープンイノベーションに積極的な慈善団体などではなく、自社の利益を最大化するために特許を有効に活用する方法を会得した私企業に過ぎないということだ。現在(2010年10月3日)もAndroid陣営と特許係争を繰り広げており、昨日もMotorolaを訴えたというニュースが入ってきた。訴訟に入る前には交渉を続けてきていたはずであり、現在もAndroid陣営の各企業に対して個別に交渉しながらゆさぶりをかけているのだろう。その背後には特許を最大限に活用して自社の事業を有利に進めていくかという各社の思惑のぶつかり合いがある。Apple、GoogleとMicrosoftが、三つ巴となってどのような戦いを繰り広げていくのか、今後も興味を持って注視していきたい。

翻訳が残念。あとがきでは、事実関係の誤りを避けるために原書に忠実に翻訳したとのことだが、原書に忠実に翻訳することと日本語の自然な表現を無視するのとは違うと思う。「さらに皮肉なことに、オープンイノベーション自身が、金額の高低だけに着目した会計の専制から、知的財産の価値創造をどこまで解放するかを、私も十分に認識することができなかった」(P106)などという文章を読むたびに思考が停止してしまい、読むのに四苦八苦した。良い内容だけに残念である。

なお、本件の書評については、不良社員さんのブログ(徒然知財時々日記)の記事がさらに深い考察を行なっている。

読書記録:「フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」

書いてある事例は平易でわかりやすいのだが、全体を通して読むと、何が書いてあったのか明確な言葉で表現することが難しく、しばし考え込んでしまった。

この本によれば、フリーの事例として記録に残っているものは19世紀にまでさかのぼるという。決して最近になって新しく出てきた考え方ではない。ただ、現在はインターネットなどのテクノロジの進歩発展に伴って、フリーの事例も幅広い分野に拡がっている。しかしながら、まだ評価や分析が十分になされているとは言えず、理論として首尾一貫したものがあるわけではない。この本でもある程度の法則性を見いだし説明しているが、漠然と読んでいるだけでは、単に事例を羅列したとしか感じられず、印象に残らなかったのかも知れない。

読みながら取ったメモに、「フリーの意義は、間口を広く低くすることにより、これまで知られていなかった潜在的ニーズ(ロングテールに属する顧客層等)を 掘り起こすということか?」とある。基本的には、今感じている印象もそこから大きくはみ出るものではない。常識の枠に縛られている気がしないでもないが。

ところで、この本では、“物事がフリーになろうとする動きを押しとどめる方向に作用する”のが知的財産である、と喝破している。関係する個所を少し引用してみよう。

ビジネスにおいては企業は知的財産権法を利用して、人為的にアイデア不足を生みだすことでお金を儲ける。それが特許や著作権や企業秘密だ。つまり、アイ デアは多くの人に伝わるのが自然だが、その流れをしばらくせき止めて利益を上げようとしているのだ。(中略)だが、最後には特許が切れて、秘密は外に出る。アイデアを永久に止めておくことはできない。(111ページ)

なかなか巧みな表現である。しかしそうなると、特許屋の仕事って何だろう。フリーになろうとするアイデアを堰き止めて、エネルギー差を人為的に作り出そうとするダムのような仕事だろうか、などと 考え込んでしまった。

ただ、このあたりは“物事がフリーになろうとする法則”に逆らうことなので、うまくやらないと面倒なことになりそうだ。この本の14章では、“中国やブラジルはフリーの最先端を進んでいる”として、国全体が知的財産権をあまり重視しない方向に進んでいる事例が多く示されている。欧米の医薬品メーカーが保有するHIVウィルスの薬の特許に 対して、ブラジルの閣僚(保健大臣)が強制実施権の発動をほのめかせて、薬価を半額以下に値引きさせた事例もある。BRICSがビジネス上大事になってくるから、これまで欧米に出してきたように特許を出願せよ、などと声高に叫ばれてきているが、これらの国が、知的財産権を適当なところで利用して適当なところで無視する国策をとり、先進国が手痛いしっぺ返しを喰らう可能性も多いにある。

フリーから話が脱線したが、いずれにしても、今後のパラダイムシフトを考える上で大変参考になる面白い本である。

事業戦略/研究開発戦略/知財戦略の三位一体論の実際

最近は、知財の最前線の権利化の仕事(実際の文書作成など)は部下に任せることが多くなり、他部門との交渉・調整の仕事が増えています。個人的には、知財の実務よりも、経営や事業に関する分野への興味が増してきました。

最近、ある事業部の経営戦略会議に出させてもらいました。会議は、事業部トップから社長に対して、今後数年の事業の見通しについて報告し、それに対して、社長からの質問やコメントを受けるという形式で進められました。

大まかに言って、事業の部分は、受注拡大(アプローチしていなかった客先にターゲットを拡げる等)、その受注拡大に応じて製造設備を新規導入し、生産規模を拡大していくといった話がメインでした。また、研究開発の部分は、プロセスの改善により現在製造しているアイテムを低コスト化する話や、さらに高機能化品を開発してタイムリーに製造ラインに投入していくという話などがメインでした。

事業、研究開発のいずれも着実で地に足のついた話をしているとは感じましたが、現在の延長線上での話に終始し、さらに先を見据えた「戦略」に関する話はほとんどなかったのが物足りなく感じた次第です。このような現行品の受注-製造-売上のサイクルや現行品の細かな改善改良のサイクルの中では、知財部の出番もほとんどないというのが正直なところです。もちろん、現行品の細かな改善改良の中にも出願ネタはいろいろあると思いますが、事業へのインパクトはほとんどないに等しいと言って良いと思います。

経済産業省の「知的財産管理指針」において「事業戦略,研究開発戦略,知財戦略の三位一体としての展開」が謳われてから、かなり時間が経ちますが、実際に実施することの難しさを実感しています。社内において、事業戦略の立案者、研究開発戦略の立案者、知財戦略の立案者(私を含む)は、いずれも自分の立場でバラバラに動いていて、自分の裁量の範囲内でストーリーをまとめてしまっているため、スケール感に欠けた小粒の戦略しか作れていないのでしょう。同じような意識を持っている人同士で連帯し、組織の壁を越える動きを取っていく必要を感じています。

知財部門とマネジメント適性

すっかりご無沙汰していますが、とりあえず元気にしています。知財部門は知財部門なのですが、ほとんどマネジメント中心で過ごしています。既に4年を過ぎ、5年目に入りました。勘の鈍りを防止するため、時折は実務をやっています。

ところで、知財部門にはどうもマネジメントに向いている人が少ないような気がします。当初、うちの会社に特有の現象なのかと思っていたのですが、他社の知財の人も同じようなことを言っていました。一日ほとんど誰とも話すことなく、黙々と明細書を読んだり作成したりして過ごしている人が結構多く、特に古い人に顕著です。そんな人は、マネージャ昇進の話が来ても断るケースが多く、また無理にやってもらってもうまくいきません。

マネージャの仕事の大半は、人とのコミュニケーションであったり、人と人とのコミュニケーションの齟齬に伴うトラブルの解消であったり…。すべてはより大きな目標を達成するために必要なことなんですが、こんな地道なことには楽しさを感じない人が多いんでしょうかね。

新入社員から2,3年目のうちに、これはと思う人材をきちんと育てておかないとまずい、という気がしています。

知的財産管理技能検定特例講習の結果

前々回の投稿で書いた、知的財産管理技能検定の特例講習準1級の結果が、8月28日頃に自宅に到着しました。予想通り、合格しました。受かったからすぐにどうこうするものではありませんが、職場の特例講習合格者メンバーのうち、数人で祝杯をあげました。ま、飲むためのネタは何でも良かったんですが(苦笑)。

ちなみに、本試験も7月に行われて結果が出ていますね。1級学科(今回は実技未実施)が約6%,2級実技が約46%,3級実技が約91%となっておりました。1級の難しさは群を抜いており、実技を含めたら、やはり講師の先生が言っておられたように、2%くらいになってしまうのかも知れませんね。

知的財産管理技能士の特例講習(準1級)について

20日の大阪(奈良・帝塚山大学)の特例講習(準1級)の結果ですが、このまま放置するのもなんですので、とりあえず、簡単に報告。なお、某所でも多少重複する内容を書いていますので、2回読まれる方はご了解ください(笑)。

まず、講義は、弁理士の先生が講師を担当しておられました。どちらの事務所の方かわかりませんが(弁理士ナビで後から見てみたのですが、東京のほうの方かも)、非常にわかりやすく簡単明快。講師の先生によれば、今回のミッションは“全員合格させること”だそうで、試験に関係ないところは徹底的に飛ばして話をしていただいたので、試験受検者にとっては極めて密度の濃いものでした。

講義は45分×5コマ と 60分の修了試験でした。2~4コマ目に1級の特例講習の方々が加わり、5コマ目が始まる前に1級受講の方々のみ別室に移動し、先に修了試験を行います。

1コマ目と2コマ目の間に昼食休憩がありましたが、11時からの昼食休憩は幾分早めです。1級受講の方々が昼から受講する、という形に配慮したものかと思いました。

準1級の修了試験は、3択が28問、記述(100字以内)が2問の計30問。

3拓の問題は、当日配布されるテキストの内容とほぼ同一で、載っていた練習問題と全く同じものもありました。さらに講師の方から“これは覚えておいて下さい”と試験に出る箇所を明確に指摘していただけました。それをマーカーでチェックしておいて試験前に見直せば万全です。

また、記述問題は、「○○について説明せよ」という問題でしたが、これもテキストに出題箇所があり、さらに講義中にどこが出るかを教えていただけました。試験前の直前の休憩時間に余裕でテキストの文言通り丸暗記できました。

とにかく、引っかけのような問題もなく、非常に素直な出題でした。講義を寝ないで聴いていて、かつ、マークシートの記載ミスさえなければ、誰でも90点以上は固い、というのが正直な感想です。とにかく受からせるための試験でした。しいて言えば、記述式の解答用紙のマス目の数が、100字以内という指示があるにもかかわらず、1問目が200文字、2問目が180文字ありましたので、今後受講される方はご注意下さい。

なお、講師の先生の雑談?が興味深く、“管理技能士の本試験の1級は知財検定の1級よりもさらに合格率が下がる見込みで、2%程度になりそうだ”、という話を控え室で聞いてこられたそうです。この程度の試験で2%の壁を乗り越えた1級保持者と同じように扱われるのは面映い限りです(まだ合格したかもわからないのですが)。ただ、この試験はまだ資格としての価値も定まっておらず、ある程度の実務能力を有している証明程度にはなるのでしょうが、実際の能力が伴っていないと資格自体の価値も下げてしまうことになります。前に書いたように、これからの精進が大事、ということになるのでしょう。

知的財産管理技能検定の特例講習(7/20)受講予定

今度の日曜日(7/20)に大阪(正確には奈良の生駒市の帝塚山大学)で、知的財産検定合格者のための特例講習(準1級向け)に出席します。

詳細は、知的財産管理技能検定特例講習をご参照下さい。

簡単に言えば、知的財産検定の認定者は、移行措置である特例講習を受講し、修了試験に合格することで、国家検定の合格者=技能士となることができる、というものです。1級と準1級は1級に、2級と準2級は2級の資格を得ることができる、ということで、かなり人気が高く、すでに1回ずつ行われた東京と大阪での講習は申し込み開始して短時間の間に定員満員になりました。さすがに1級と準1級は2級に比べると人数が少ないせいか、次の日でも申し込み可能だったようですが…。

ただ、受講費用が高いのが難点。1級合格者向け(\24,150)、準1級合格者向け(\28,350)、2級合格者向け(\12,600)、準2級合格者向け(\14,175)といった具合で、私など3万円も必要です。丸一日缶詰めだから仕方ないのかも知れません。ただ、とにかくこの知的財産検定関係は、受検対策セミナー(10万円くらい?)や公認の「学習の手引き」(薄いぺらぺらな冊子が3000円)もやたら高額でした。どこかで金をボッたくられているような気がして仕方ありません。

持っていて価値のある資格なのかどうかはよくわかりませんが、今後の資格取得者の活躍しだいというところでしょうか(笑)。特例講習については、一定期間の措置(2011年3月まで)なので、今回受けておくことにしました。

で、気になるのは修了試験のレベル。

3者択一問題×28問 & 記述問題(100字)×2問 計30問 で試験時間は60分。

すでに6月22日に東京で特例講習が行われており、ネットで情報収集したところ、修了試験はそれほど難しくなく、当日しっかりと講義をきいていれば問題なく合格できるレベルとのことでした。

となると、あとは健康管理をしっかりして、当日忘れ物をしないように注意するのみ。

確か帝塚山大学は山の上のほうにあり、周囲にコンビニもなかったと記憶していますので(以前、TOEICを受検)、あらかじめ食事の準備を買い込んだ上で乗り込もうと思っています。

近況報告:特許検索研修会への参加

気づいたら半年以上過ぎてしまいました。ちょっと近況報告を兼ねて。

先週、東京の新橋で検索の講習を受けてきました。付き合いのあるデータベース屋さんの主催でそのビルの1フロアを借りて、約30人くらいのこじんまりとした環境下での講習でした。

講師は、酒井美里さんという方です。昨年大阪で行われた、関西特許情報センター振興会主催の特許検索競技大会で優勝された、その道では結構有名な人です。今は長野で特許調査会社を経営しておられ、ブログを書いておられるのでご存知の方も多いことでしょう。

有料の講習ですので講義の内容の詳細は割愛しますが、基本的には、FI・Fタームの検索の詳細、キーワード検索の場合でどうしたら的確なキーワードを発見できるか、というものでした。これらの内容は、特に日本の特許検索では決定版ともいうべきものであり、特許検索に携わる人であれば必然的に入っていかない部分に属すると感じています。3年ほど前のエントリで触れたことがありましたが…。

この特許検索というのが結構厄介で、かつ奥が深い部分です。なぜか社内でも暗黙知に属する部分になってしまっていて、あまり技能の伝承が進んでおらず、人によってピンからキリまでの差があります。例えば、出願に際して「先行技術はありませんから特許性があります!」と発明者が自信満々で届出書を持ってくるときがあるのですが、たいていは、全文検索でいきなり自分の知っているキーワードを適当に打ち込んで出てこなかったというケースが多い。知財部員でもIPCとキーワードを使った大雑把な検索で良しとしてしまっているケースを散見します。

実はデータベースの特性を熟知していないと欲しい結果が得られませんし、FI・Fタームについても特許庁の審査官の審査業務の効率化のためにできた、という経緯があり、特有の癖があります。そのあたりを良く知っておかないと正しい検索ができません。

今回の研修では、特許庁の分類付与はFIのみで、IPCはコンコーダンスで機械的に付与しているとか、Fタームでは分類付与(解析)に3種類あり、それぞれに応じて検索式の立て方を変えるべきであるとか、本では学ぶのが難しい点を色々と教わりました。

今回は極めて有意義なノウハウ満載で、往復の交通費と受講料を差し引いても完全に元が取れました。講師の酒井さんに感謝しつつ。

[参考資料]
酒井 美里. “特許検索手法のマニュアル化と検索ノウハウの伝達”. 情報管理. Vol. 50, No. 9, (2007), 569-577

知財検定1級受検結果

とりいそぎ結果を書いておきましょう。以下の通り、準1級(A)でした。ふだんの仕事であまりやっていない「知的財産契約・係争実務」がレベル3ということで基準に達していなかったのでしょうね。もし今後受けるとすれば、今回良くなかったこの分野とレベル2だった海外出願実務をもう少し強化して臨みたいと思います。

検定試験 合否結果

検定名称 知的財産検定1級(特許) 2007年第2回
受検番号 ***************
合否結果 準1級(特許)合格
コメント 準1級(評価A)に合格したことを認定します。
※準1級はA~Cの3段階評価

領域別評価(全体の中での位置)
【国内出願実務】レベル1
【外国出願実務】レベル2
【知的財産契約・係争実務】レベル3
【その他】レベル1
レベル1(上位10%以内),レベル2(上位10%~30%),レベル3(上位30%~基準値),レベル4(基準値未満)
証書番号 証第 ********** 号

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ