Link

仕事

事業戦略/研究開発戦略/知財戦略の三位一体論の実際

最近は、知財の最前線の権利化の仕事(実際の文書作成など)は部下に任せることが多くなり、他部門との交渉・調整の仕事が増えています。個人的には、知財の実務よりも、経営や事業に関する分野への興味が増してきました。

最近、ある事業部の経営戦略会議に出させてもらいました。会議は、事業部トップから社長に対して、今後数年の事業の見通しについて報告し、それに対して、社長からの質問やコメントを受けるという形式で進められました。

大まかに言って、事業の部分は、受注拡大(アプローチしていなかった客先にターゲットを拡げる等)、その受注拡大に応じて製造設備を新規導入し、生産規模を拡大していくといった話がメインでした。また、研究開発の部分は、プロセスの改善により現在製造しているアイテムを低コスト化する話や、さらに高機能化品を開発してタイムリーに製造ラインに投入していくという話などがメインでした。

事業、研究開発のいずれも着実で地に足のついた話をしているとは感じましたが、現在の延長線上での話に終始し、さらに先を見据えた「戦略」に関する話はほとんどなかったのが物足りなく感じた次第です。このような現行品の受注-製造-売上のサイクルや現行品の細かな改善改良のサイクルの中では、知財部の出番もほとんどないというのが正直なところです。もちろん、現行品の細かな改善改良の中にも出願ネタはいろいろあると思いますが、事業へのインパクトはほとんどないに等しいと言って良いと思います。

経済産業省の「知的財産管理指針」において「事業戦略,研究開発戦略,知財戦略の三位一体としての展開」が謳われてから、かなり時間が経ちますが、実際に実施することの難しさを実感しています。社内において、事業戦略の立案者、研究開発戦略の立案者、知財戦略の立案者(私を含む)は、いずれも自分の立場でバラバラに動いていて、自分の裁量の範囲内でストーリーをまとめてしまっているため、スケール感に欠けた小粒の戦略しか作れていないのでしょう。同じような意識を持っている人同士で連帯し、組織の壁を越える動きを取っていく必要を感じています。

知財部門とマネジメント適性

すっかりご無沙汰していますが、とりあえず元気にしています。知財部門は知財部門なのですが、ほとんどマネジメント中心で過ごしています。既に4年を過ぎ、5年目に入りました。勘の鈍りを防止するため、時折は実務をやっています。

ところで、知財部門にはどうもマネジメントに向いている人が少ないような気がします。当初、うちの会社に特有の現象なのかと思っていたのですが、他社の知財の人も同じようなことを言っていました。一日ほとんど誰とも話すことなく、黙々と明細書を読んだり作成したりして過ごしている人が結構多く、特に古い人に顕著です。そんな人は、マネージャ昇進の話が来ても断るケースが多く、また無理にやってもらってもうまくいきません。

マネージャの仕事の大半は、人とのコミュニケーションであったり、人と人とのコミュニケーションの齟齬に伴うトラブルの解消であったり…。すべてはより大きな目標を達成するために必要なことなんですが、こんな地道なことには楽しさを感じない人が多いんでしょうかね。

新入社員から2,3年目のうちに、これはと思う人材をきちんと育てておかないとまずい、という気がしています。

知的財産管理技能士の特例講習(準1級)について

20日の大阪(奈良・帝塚山大学)の特例講習(準1級)の結果ですが、このまま放置するのもなんですので、とりあえず、簡単に報告。なお、某所でも多少重複する内容を書いていますので、2回読まれる方はご了解ください(笑)。

まず、講義は、弁理士の先生が講師を担当しておられました。どちらの事務所の方かわかりませんが(弁理士ナビで後から見てみたのですが、東京のほうの方かも)、非常にわかりやすく簡単明快。講師の先生によれば、今回のミッションは“全員合格させること”だそうで、試験に関係ないところは徹底的に飛ばして話をしていただいたので、試験受検者にとっては極めて密度の濃いものでした。

講義は45分×5コマ と 60分の修了試験でした。2~4コマ目に1級の特例講習の方々が加わり、5コマ目が始まる前に1級受講の方々のみ別室に移動し、先に修了試験を行います。

1コマ目と2コマ目の間に昼食休憩がありましたが、11時からの昼食休憩は幾分早めです。1級受講の方々が昼から受講する、という形に配慮したものかと思いました。

準1級の修了試験は、3択が28問、記述(100字以内)が2問の計30問。

3拓の問題は、当日配布されるテキストの内容とほぼ同一で、載っていた練習問題と全く同じものもありました。さらに講師の方から“これは覚えておいて下さい”と試験に出る箇所を明確に指摘していただけました。それをマーカーでチェックしておいて試験前に見直せば万全です。

また、記述問題は、「○○について説明せよ」という問題でしたが、これもテキストに出題箇所があり、さらに講義中にどこが出るかを教えていただけました。試験前の直前の休憩時間に余裕でテキストの文言通り丸暗記できました。

とにかく、引っかけのような問題もなく、非常に素直な出題でした。講義を寝ないで聴いていて、かつ、マークシートの記載ミスさえなければ、誰でも90点以上は固い、というのが正直な感想です。とにかく受からせるための試験でした。しいて言えば、記述式の解答用紙のマス目の数が、100字以内という指示があるにもかかわらず、1問目が200文字、2問目が180文字ありましたので、今後受講される方はご注意下さい。

なお、講師の先生の雑談?が興味深く、“管理技能士の本試験の1級は知財検定の1級よりもさらに合格率が下がる見込みで、2%程度になりそうだ”、という話を控え室で聞いてこられたそうです。この程度の試験で2%の壁を乗り越えた1級保持者と同じように扱われるのは面映い限りです(まだ合格したかもわからないのですが)。ただ、この試験はまだ資格としての価値も定まっておらず、ある程度の実務能力を有している証明程度にはなるのでしょうが、実際の能力が伴っていないと資格自体の価値も下げてしまうことになります。前に書いたように、これからの精進が大事、ということになるのでしょう。

近況報告:特許検索研修会への参加

気づいたら半年以上過ぎてしまいました。ちょっと近況報告を兼ねて。

先週、東京の新橋で検索の講習を受けてきました。付き合いのあるデータベース屋さんの主催でそのビルの1フロアを借りて、約30人くらいのこじんまりとした環境下での講習でした。

講師は、酒井美里さんという方です。昨年大阪で行われた、関西特許情報センター振興会主催の特許検索競技大会で優勝された、その道では結構有名な人です。今は長野で特許調査会社を経営しておられ、ブログを書いておられるのでご存知の方も多いことでしょう。

有料の講習ですので講義の内容の詳細は割愛しますが、基本的には、FI・Fタームの検索の詳細、キーワード検索の場合でどうしたら的確なキーワードを発見できるか、というものでした。これらの内容は、特に日本の特許検索では決定版ともいうべきものであり、特許検索に携わる人であれば必然的に入っていかない部分に属すると感じています。3年ほど前のエントリで触れたことがありましたが…。

この特許検索というのが結構厄介で、かつ奥が深い部分です。なぜか社内でも暗黙知に属する部分になってしまっていて、あまり技能の伝承が進んでおらず、人によってピンからキリまでの差があります。例えば、出願に際して「先行技術はありませんから特許性があります!」と発明者が自信満々で届出書を持ってくるときがあるのですが、たいていは、全文検索でいきなり自分の知っているキーワードを適当に打ち込んで出てこなかったというケースが多い。知財部員でもIPCとキーワードを使った大雑把な検索で良しとしてしまっているケースを散見します。

実はデータベースの特性を熟知していないと欲しい結果が得られませんし、FI・Fタームについても特許庁の審査官の審査業務の効率化のためにできた、という経緯があり、特有の癖があります。そのあたりを良く知っておかないと正しい検索ができません。

今回の研修では、特許庁の分類付与はFIのみで、IPCはコンコーダンスで機械的に付与しているとか、Fタームでは分類付与(解析)に3種類あり、それぞれに応じて検索式の立て方を変えるべきであるとか、本では学ぶのが難しい点を色々と教わりました。

今回は極めて有意義なノウハウ満載で、往復の交通費と受講料を差し引いても完全に元が取れました。講師の酒井さんに感謝しつつ。

[参考資料]
酒井 美里. “特許検索手法のマニュアル化と検索ノウハウの伝達”. 情報管理. Vol. 50, No. 9, (2007), 569-577

仕事と家庭と

昨日の子どもの運動会は出勤日でしたが、休ませてもらって運動会の方に出ました。

ちょうど月末最終日であり、実績や予算の提出、自分自身の期限物の〆などで忙しい時期であり、どちらを選択するか悩みました。次男の初めての小学校での運動会、自宅の近くに双方の両親が住んでいるわけでもなく、妻一人で弁当の準備や場所確保、ビデオや写真を撮るのは無理と思われたこと、などの理由から運動会に出ることにしました。

やはり病気をしてから人生観が変わったのでしょうか。仕事と家庭は対立するものではなく、いずれも犠牲にすることは何もないのではないか、と。以前ならば仕事を優先したかもしれませんが、結局、仕事をする目的は、“家族や一緒に仕事をする仲間の幸せのため”だと悟ってから自分としては吹っ切れた思いでいます。互いに相反するものではないので、家族の幸せを選択したからといっても仲間の幸せを妨げることにはならないはず。

今回は、職場のメンバーに“運動会なので休みたいんだけど”と相談して、快く休ませてもらいました。ただ、迷惑がかからないように、前日の終バスまで残業し、さらに当日も朝5時から8時まで仕事をして結果をメールで提出して、すべき仕事は全て終えた状態で運動会に行きました。

確かに、私が欠勤したことで職場の皆にはいろいろと苦労をかけていることと思います。そこで職場の中に不満が鬱積してバラバラになってしまえば、それだけの人間関係しか築けていなかったということ。現時点では理想的とは到底言えないまでも、相手の状況を考えて互いに思いやりをもってカバーし合える関係は築けているように思います。

私が一人で請け負って仕事をしている立場であれば、仕事のために家庭を犠牲にせざるを得ないことも多いものと思います。その点、グループで一緒に仕事をしている、ということで多少不測の事態があっても助けられることが多く職場のメンバーには常々感謝しています。

仕事と家庭は本来は対立するものではないはず。仕事を優先して家庭を犠牲にしているという話は良く聞きますが、本当に仕事が大切なのであれば、それを支えてくれている家族によく話をして理解してもらっているのかどうか。それを放棄して仕事だから、と言い訳していないかと気になります。

仕事も家庭も、両方充実させたい。そのために、犠牲にしてあきらめてしまうよりも、皆が幸せになれるポイントを見つけてそこに力を注ぎたいと思います。

知財検定1級受検結果

とりいそぎ結果を書いておきましょう。以下の通り、準1級(A)でした。ふだんの仕事であまりやっていない「知的財産契約・係争実務」がレベル3ということで基準に達していなかったのでしょうね。もし今後受けるとすれば、今回良くなかったこの分野とレベル2だった海外出願実務をもう少し強化して臨みたいと思います。

検定試験 合否結果

検定名称 知的財産検定1級(特許) 2007年第2回
受検番号 ***************
合否結果 準1級(特許)合格
コメント 準1級(評価A)に合格したことを認定します。
※準1級はA~Cの3段階評価

領域別評価(全体の中での位置)
【国内出願実務】レベル1
【外国出願実務】レベル2
【知的財産契約・係争実務】レベル3
【その他】レベル1
レベル1(上位10%以内),レベル2(上位10%~30%),レベル3(上位30%~基準値),レベル4(基準値未満)
証書番号 証第 ********** 号

KSR判決以後

統計を取ってみないとわかりませんが、なんとなく非自明性のOAが多くなっているように思うのですが、気のせいでしょうかね。以前は、新規性とペアで打ってくることが多かったという感触があるのですが、最近は単独でも躊躇なく103条が来ています。

クレーム記載形式による差異(コンビネーション形式のススメ)

かなり以前の話になりますが、拒絶査定不服審判について、審判官から連絡がありました。“今のままのクレームだと引例と差がつかないので、もう少し工夫してもらえないか”という打診です。

審査官には審査件数のノルマがあるためか、あまりきちんと見てもらえないまま拒絶査定になってしまうものが結構ありますが、審判では合議体で客観的に技術内容をきちんと見てもらえるケースが多く、よほど無理な主張を行っていなければ、拒絶査定が覆ることも多くあるように感じています。今回の打診も、特許にする方向での問合せです。

今回の審判案件は、数年前に別の知財部員が担当したもので、クレームは以下のようなプロセス的な書き流しクレームで書き表された「もの」のクレームです(もちろん大幅に換骨奪胎していますが)。

 A基体の上面にC構造を形成し、前記A基体の上面に対してB基体の上面を貼り合わせたことを特徴とするD構造体。

審判官が挙げた引例には、A基体とB基体との間にC構造体が挟みこまれたものが記載されています。審判官の意見は、引例はA基体、B基体、C構造体の3つの部材から成っているのに対して、本発明はA基体とB基体の2つの部材から成っているので区別されるべきだとは思うが、今のままのクレームでは、本質的に変わりがないので許可することはできない、というものです。

「プロセス」のクレームに変更してしまえば、明確に区別されるのはわかっていますが、侵害認定の容易性を考えると、何とか、「もの」のクレームでがんばってみたい、と思い、明細書中を探したところ、「A基体はC構造が形成される下地となる」という文言を見つけ出すことができましたので、これを使ってみました。

最終的に審判官からOKをもらえたクレームは、下のようなコンビネーション形式の記載方法にしたものです。

 上面にC構造を有するA基体であって、前記C構造が前記A基体を下地として形成されているA基体と、
 前記A基体の上面に対して、上面を貼り合わせたB基体と、を具備するD構造体。

“A基体を下地としてC構造体が形成される”という部分だけでも、C構造体がA基体の付属物であることはわかりますが、上記のコンビネーション形式のクレームならば、A基体およびB基体の2つのメインエレメントから成っており、C構造体がA基体の一部分(サブエレメント)であることは間違いようがないほど明確です。上記の例では、審査の流れ上、「下地として形成」「貼り合わせる」などのプロセス的な用語を抜くわけには行かなかったのが残念ですが…。

審判官が大幅なクレーム表記の変更を好まない場合も考慮して、最初の書き流し形式のクレームに“A基体を下地としてC構造体が形成される”だけを付け加えたものも併せて提示したのですが、杞憂でした。

私は、当初の書き流し形式よりも、最終案のコンビネーション形式のクレームに対して、圧倒的な機能美・様式美を感じます。語句自体は書き流し形式でもコンビネーション形式でもそれほど変わらないように思われるかも知れませんが、コンビネーション形式のクレームは、改行位置(区切り位置)や語句の位置も発明を表すための重要な情報となっています。それゆえに、一言一句、無駄な情報が一つとしてありません(少し言い過ぎかも知れませんが)。

実は、通常の拒絶理由通知への対応において、書き流し形式のクレームをコンビネーション形式に書き換えただけで、拒絶理由が解消したことは一度や二度ではありません。上記のように引例との差異が明確になる場合もありますし、明細書の記載不備(いわゆる36条違反)でも効果絶大です。例えば、クレームと明細書とが大きく矛盾していて、審査官から相当頭に来ているなと思われる拒絶理由を受け取ることがあります。このようなケースの多くは、発明者の原稿を上っ面だけ読んで、さらさらと書き下された書き流し形式のクレームです(私の担当案件の例)。これを論理的に隙のないコンビネーション形式のクレームに変更するだけで、当初の明細書とは見違えるものなります。私が審査官だったら、このギャップの大きさだけで許可にしても良いとさえ思えるほどです。

実際には審査官がどのように考えておられるのかは聞いてみたことがないのでわかりませんが、審査官が拒絶理由を撤回しやすい心理状況を作り出すための補正(いわゆる「おみやげ補正」;詳細は下記に抜粋)として、有効に機能しているように思います。

   以下、弁理士の遠山先生の知財文化・創造と教育内にある、意見書作成マニュアルより抜粋

⑥ 本来ならば補正しなくとも進歩性を主張できると思ってもあえて補正をすることがあります。
 補正したことにより、出願人も「譲歩した」との印象を審査官に与えて、拒絶理由を撤回しやすい心理状況を作り出すためです。<一度出した拒絶理由を単に意見のみで覆すのは困難であり、何らかのおみやげが必要なのです>
 この場合、技術的に限定でない限定補正(形式的補正)を行います。

その他の理由として、米国に出願される可能性も考えれば、審査や権利解釈でこちらの意図するとおり正しく解釈してもらうためには、コンビネーション形式でクレームを記載しておくのが良いと思います。もちろん翻訳の手間を省くという費用的な効果もありますが…。

知財検定1級受けてきました

7月8日に受けてきました。関西は甲南大学。1級は100人以下と受検者数が2級と比べてかなり少ない感じでした。

勉強用の資料を集めたのですが、直前になって自宅で仕上げなければならない仕事が舞い込んでしまい、結局資料にはほとんど目を通すこともできず、ぶっつけ本番となってしまいました。もう少し前からやっていたらよかったのかもしれませんが、かえって忘れる恐れもあるし、難しいところです。

問題用紙を持って帰れないので、問題もかなり忘れてしまいましたが、ちょっと細かいなと思う設問もあり(審査基準の穴埋めとか)、聞いていたほど良問という感じはしませんでした。さすがにアジアの特許制度の細かい部分は実務でもやっていないので厳しいですね。60問でしたが、2時間半くらいで全て解き終わり、残り30分で見直しをしていましたが、正しいのか間違っているのかさっぱりわからず、現在の実力がそのまま出てしまったようです。次回(があれば)がんばります。

知財検定の準備

あと2週間ですがあまり進んでいません。
とりあえず外国制度、契約・係争関係の資料を集めたところです。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ