Link

書籍・雑誌

[書評] インビジブル・エッジ

久々に書きます。昨年知財関係者の間で流行った本ですが、ようやくちょっと前に読み終わりました。Amazonのレビューにも投稿しておいたので内容と全く同じですが・・。

----------------

先日GoogleがMotorola Mobilityを約1兆円で買収するというニュースが流れた。Googleの目的は色々と取りざたされており、Google自身もAppleのように携帯電話製造に乗り出すのではないかと見る向きもあれば、Androidのプラットフォームに参入しているパートナー企業の携帯電話メーカーを訴訟の脅威から守るために、Motorolaの保有している特許を入手したに過ぎないという見方もある。

このインビジブル・エッジを読んでいる最中だったので、このニュースに接したとき、Googleの狙いは後者以外にないと思った。なぜなら、物づくりをしている企業はそれだけで弱みを抱えているからだ。すなわち、携帯電話メーカーであれば、規格にからんだ必須特許を使わざるを得ず、強い交渉力を得ることができない。

この本では、物づくりを行なっている企業のことを、中から外に向けて石を投げることができないので「ガラスの家」と読んでいる。これに対して、イノベーションに注力して有効な特許を持っていながら物づくりをしていない企業を「サメ」と読んでいる。このサメ型企業の典型はQualcommであり、物づくりをしている企業に対して強力な知財による交渉力を有し、莫大なライセンス料を得ている。

Googleはもともと物づくりをしていなかったので、強い特許さえ手にすれば、Qualcommのようにサメ型の企業となることができる。それに対して、AppleやMicrosoftなど、Android陣営に対して攻撃を仕掛けてくる相手は、物づくりをしている以上、「サメ」ではなく「ガラスの家」に過ぎない。したがって、物づくりをしていないGoogleが知財という武器を手にすれば、すぐに優位な位置に立つことができる。Googleがこの有利な立場を捨ててまで物づくりに固執することは考えにくい。

なお、このレビューを書く直前の9月7日に、Androidのプラットフォーム上でAppleと訴訟を繰り広げている台湾のHTC社に対して、今回Motorolaから得た特許を含む9件の特許を譲渡している。これは、最前線で戦っているHTCに対して、強力な武器弾薬を補給したような形となっており、先に述べたようにGoogleは特許をAndroidのプラットフォームを訴訟の脅威から守るための盾として利用していることが明らかだ。

インビジブル・エッジという題名からは、「見えない刃」という言葉を連想するが、このエッジという言葉は「競争優位」という意味もある。上述したGoogleの例にもあるように、現在は見えない武器としての「知財」をどのように利用するかでめまぐるしく競争戦略上のポジションが変化する時代である。この本の著者はBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)において経営戦略の研究を行ってきた人達であり、ポーター教授の「競争の戦略」の内容を踏まえ、業界の競争環境を分析するフレームワークであるファイブフォースの中における知財の占めるポジションについても明確にした上で話を展開している。それゆえに、話の流れも明確で極めてわかりやすい。従来よくあった知財関係者による単なる思いつきや事例紹介の本とは一線を画していると感じた。知財関係者に限らず、経営に興味のある方々であれば、決して読んで損はない本だと思う。

[書評]マイクロソフトを変革した知財戦略

Microsoftがいかにして知財戦略の方針を転換していったかを、実際に携わった当事者が(秘密保持契約の許す範囲内で)生々しく語った内容がもとになっており、極めて貴重な証言である。デファクトスタンダード化したソフトウェアを利用する代償としてPCメーカーなどのパートナーに対して、NAP(不争条項)を強引に押し付けて、係争を回避しようとしていた時期(2000年以前)から、自社特許のポートフォリオ化に手を付けるとともに、不争条項を撤廃して積極的に他社とクロスライセンス契約を結び、積極的に自社以外の力も活用しながらイノベーションを推し進めていく姿勢に転換していくくだりは極めて面白い。

ただ、誤解してはいけないのは、Microsoftはオープンイノベーションに積極的な慈善団体などではなく、自社の利益を最大化するために特許を有効に活用する方法を会得した私企業に過ぎないということだ。現在(2010年10月3日)もAndroid陣営と特許係争を繰り広げており、昨日もMotorolaを訴えたというニュースが入ってきた。訴訟に入る前には交渉を続けてきていたはずであり、現在もAndroid陣営の各企業に対して個別に交渉しながらゆさぶりをかけているのだろう。その背後には特許を最大限に活用して自社の事業を有利に進めていくかという各社の思惑のぶつかり合いがある。Apple、GoogleとMicrosoftが、三つ巴となってどのような戦いを繰り広げていくのか、今後も興味を持って注視していきたい。

翻訳が残念。あとがきでは、事実関係の誤りを避けるために原書に忠実に翻訳したとのことだが、原書に忠実に翻訳することと日本語の自然な表現を無視するのとは違うと思う。「さらに皮肉なことに、オープンイノベーション自身が、金額の高低だけに着目した会計の専制から、知的財産の価値創造をどこまで解放するかを、私も十分に認識することができなかった」(P106)などという文章を読むたびに思考が停止してしまい、読むのに四苦八苦した。良い内容だけに残念である。

なお、本件の書評については、不良社員さんのブログ(徒然知財時々日記)の記事がさらに深い考察を行なっている。

読書記録:「フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略」

書いてある事例は平易でわかりやすいのだが、全体を通して読むと、何が書いてあったのか明確な言葉で表現することが難しく、しばし考え込んでしまった。

この本によれば、フリーの事例として記録に残っているものは19世紀にまでさかのぼるという。決して最近になって新しく出てきた考え方ではない。ただ、現在はインターネットなどのテクノロジの進歩発展に伴って、フリーの事例も幅広い分野に拡がっている。しかしながら、まだ評価や分析が十分になされているとは言えず、理論として首尾一貫したものがあるわけではない。この本でもある程度の法則性を見いだし説明しているが、漠然と読んでいるだけでは、単に事例を羅列したとしか感じられず、印象に残らなかったのかも知れない。

読みながら取ったメモに、「フリーの意義は、間口を広く低くすることにより、これまで知られていなかった潜在的ニーズ(ロングテールに属する顧客層等)を 掘り起こすということか?」とある。基本的には、今感じている印象もそこから大きくはみ出るものではない。常識の枠に縛られている気がしないでもないが。

ところで、この本では、“物事がフリーになろうとする動きを押しとどめる方向に作用する”のが知的財産である、と喝破している。関係する個所を少し引用してみよう。

ビジネスにおいては企業は知的財産権法を利用して、人為的にアイデア不足を生みだすことでお金を儲ける。それが特許や著作権や企業秘密だ。つまり、アイ デアは多くの人に伝わるのが自然だが、その流れをしばらくせき止めて利益を上げようとしているのだ。(中略)だが、最後には特許が切れて、秘密は外に出る。アイデアを永久に止めておくことはできない。(111ページ)

なかなか巧みな表現である。しかしそうなると、特許屋の仕事って何だろう。フリーになろうとするアイデアを堰き止めて、エネルギー差を人為的に作り出そうとするダムのような仕事だろうか、などと 考え込んでしまった。

ただ、このあたりは“物事がフリーになろうとする法則”に逆らうことなので、うまくやらないと面倒なことになりそうだ。この本の14章では、“中国やブラジルはフリーの最先端を進んでいる”として、国全体が知的財産権をあまり重視しない方向に進んでいる事例が多く示されている。欧米の医薬品メーカーが保有するHIVウィルスの薬の特許に 対して、ブラジルの閣僚(保健大臣)が強制実施権の発動をほのめかせて、薬価を半額以下に値引きさせた事例もある。BRICSがビジネス上大事になってくるから、これまで欧米に出してきたように特許を出願せよ、などと声高に叫ばれてきているが、これらの国が、知的財産権を適当なところで利用して適当なところで無視する国策をとり、先進国が手痛いしっぺ返しを喰らう可能性も多いにある。

フリーから話が脱線したが、いずれにしても、今後のパラダイムシフトを考える上で大変参考になる面白い本である。

ダイエットを試してみる

最近ダイエットと言うほどではありませんが、食事内容や体重・体脂肪率を記録するようにしています。「いつまでもデブと思うなよ」(岡田斗司夫著)(新潮新書)という本を読んだからです。

この岡田さんという人は、オタキングとも呼ばれるオタクの世界では知る人ぞ知る存在。本人が試して、実際に115kgから60kg台まで落とした実績から書かれた本です。本の内容はダイエット本というより、深い思索に基づく心理学と生理学の集大成とも言えるようなものとなっています。 少し大げさな表現をしましたが、「オタク」であるからこそ書けた本であると思います。

この本のダイエット法は、レコーディング・ダイエットと名付けられており、
「助走」
「離陸」
「上昇」
「巡航」
「再加速」
「軌道到達」
・・と名付けられたプロセスから成り立っていてそれぞれに役割があります。その中でも助走、離陸のプロセスは、他のダイエット法と区別できるものとなっているように思われます。

「助走」プロセス
 とにかく食事の内容と体重を記録することで自分の現状をはっきりと「知る」ことが目的。この時点では決して食事を制限したり運動したりしようと思わないこと。逆にダイエットしたいのを我慢することが大切。

「離陸」プロセス
 さらにカロリーも調査して記録する。摂った食物が自分の体重や体脂肪にどのように影響するのか「知る」ことが目的。これを続けていくうちに、ど んな食物がカロリーが高いのか低いのかということがわかってくる。逆にカロリーを減らすってこんなに簡単なのか、ということが自然とわかり、ダイエットし たくてたまらなくなってくる。この時点でも制限する必要は全くない。

「上昇」プロセス
 摂取カロリーを自分の基礎代謝量ギリギリにおいて、毎日を過ごす。

上昇プロセスに入る頃には、先の2つのプロセスを経て、自分の食生活の状態、何を食べたらどう太るのか、などの状態が明確にインプットされ、さらにカ ロリーを減らすにはこうしたらよい、ということがわかってきています。こうなるともうダイエットするしかない。したくてたまらない気持ちになってきたときに、一 気にカロリー制限を伴う上昇プロセスに入る、というのが他のダイエット法との最も大きな違いだと感じています。

人間心理をここまでうまく捉えたダイエット法は初めて知りました。というか、ダイエットの本は読んだことがないので、すべてが初めてなのですが…。

このダイエット法の最終目標は、“自分の体の声に耳をすますことにより、自分の体格にちょうどよい体型に徐々に近づく”ことにあるようです。この「ちょうどよい体型」とは“理想体型でも美容体型でもなく、いまの年齢や生活、運動量にみあったちょうどいい体型”です。

言い換えれば、このダイエット法は、特別なものではなく、この「体の声」に耳をすますことにより、ダイエットという意識から解放され、自由自在に生きることができるようになるための手段であるとも言えそうです。

職場で昼食を共にしていた同僚に、この本の話をしたところ、彼曰く、“それは間違いなく成功する方法だと思う”とのことでした。彼も独 自にこの方法に近い境地に到達したようで、自分の毎日の食事と体重との関係を掴んで、自由自在に調整できるようになっているようです。彼に言わせれば、要 ははインプット(食事)とアウトプット(運動や排出等)さえ押さえれば、その差が体重という結果になって現れてくるだけの極めて合理的な結果だそうです。

私も1ヶ月くらい試したところ、体重が3kgくらい、体脂肪率も3%程度減少しました。特に無理してダイエットしたという感覚はなく、記録することにより、いかに不必要な食事をしていたかがわかり、自然と改善された結果です。

これまで毎年、生活習慣病検診で所見有り、となっているので、今後も続けていこうと思っています。

読書記録(カラマーゾフの兄弟1)

カラマーゾフの兄弟1(ドストエフスキー著、亀山郁夫訳)(光文社古典新訳文庫)

ようやく1巻を読み終わりました。評判通り、亀山新訳は読みやすく純文学から遠ざかっていた私にもすらすら読めました。ロシア文学特有の複雑な 愛称も一定のルールの下で書かれているため、その面での面倒さはありませんでした。しおりに登場人物の名前が書いてあるので、何度も見直しましたが。

1巻の中では、3人の兄弟と父親との関係が目に止まりました。特に父親のフョードルの自堕落な生活と道化ぶりは実のところ、自分の中にも内在し ている部分であると感じました。また、ゾシマ長老と懺悔する女性との会話で、意識の中では高尚な人類愛に燃えている人が実際は自分の隣人すら愛せないとい うジレンマについて言及している部分がありましたが、これは現在の自分も未解決の問題です。作者が登場人物に人類の色々な類型を代表させ相互のやりとりを 通して、本質をえぐり出そうとしているようにも思われ、この後の展開が気になります。

通勤途中に読んでおり、気乗りがしない日は別の本を読んでいたため、なかなか先に進まなかったのですが、先日業務上の外出で遠出する機会があり、一気に読み終わりました。昨日帰りに駅前のイオンの本屋で2巻をゲットしたので、引き続き読んでいきます。

最近読んだ本

近くの図書館によく行くようになりました。市内にいくつかある市立図書館の分館であまり本はないのですが、最近は頭が疲れているせいか軽めの読書が気晴らしになります。

十二国記1~9(小野不由美)
以前、夜中に教育テレビでアニメが放映されていた記憶があり、放映時は見ていなかったが試しに借りてみて構成の緻密さとスケールの大きさに驚いた。

舞台は古代の中国を思わせる十二の国々。神仙や妖魔が跋扈する封神演義に書かれているような世界であり、その国を治める王と、それを補佐する神獣である麒麟がおり、麒麟が天啓によって王を見いだし、玉座に据える。そしてその王は、天意に従って不老不死となって国を治め続ける。我々の世界とは蝕と呼ばれる天変地異により時々つながり、そのときにこちらの世界から十二国世界に人が流されたり、本来十二国で生まれる人がこちらの世界で胎児(胎果)としてやってきて生まれたりすることがある。

そんな前提を守りながら、登場人物がそれぞれ様々な体験をしつつ成長していく。多少、登場人物の交わす会話の軽さが気になる箇所もないではなかったが、それを差し引いても物語の面白さは特筆物。巻を重ねるにつれて各巻に張り巡らされた伏線が自分の頭の中に構築された十二国の世界の中で意味を伴って現れてくる。そういう意味では図書館で一回借りて読むだけではなく何回か読み返したほうが面白さが増すのかもしれない。

ところで本編の話については、そろそろ終盤に差し掛かっているとも思えるが、5年余り新作が出ていない。果たして完結するのかどうか…。

ハリー・ポッターの新刊本

連日アクセスカウンターが100を超えています。一昨日に特許男プロジェクトにトラックバックしたためであることは明らかです。実際の訪問者は60~70といったところですが、いずれにいたしましても、わざわざお越しいただきありがとうございます。特許ネタは全体の1/4~1/3程度です。カテゴリ「仕事」でご覧ください。

さて、全く関係ない話ですが、今日帰ったら、アマゾンからハリポタの新刊が届いていました。第六巻の「ハリー・ポッターと謎のプリンス」。前回の第五巻よりも少し薄いかな、という印象です。第三巻までは原書を読んだのですが、第四巻以降は原書では挫折です。厚すぎて本を持ち運びするのも大変です。

ところで、翻訳本の帯に“謎のマジックショー”へご招待とあり、応募券をはがきに貼って応募すれば抽選で招待券が当たるようです。しかし…。〆切りが明日の5月18日(当日消印有効)。ほとんど、今日買った人向けの特権ですね。

飛び出すクリスマスプレゼント

051225_11360001 今日はクリスマス。小2の長女と保育園児の次男へのプレゼントはロバート・サブダという絵本作家の作品です。いわゆる飛び出す絵本なのですが、極めて精巧なつくりが特徴です。

12月の初めにテレビで紹介されていたのを見て、これはいいな、と思いプレゼントに選ぶことに。テレビでの紹介では海外の絵本ということだったので、早速amazonの洋書コーナーで発注。次男向けには恐竜の絵本、長女向けには不思議の国のアリスの絵本を選択しました。

12月10日の時点で在庫なし、2~3週間かかると出ていたので、クリスマスには無理かな…と思っていたのですが、案に相違して3日ほどで届きました。で、昨晩サンタ(笑)が子供達の枕元に置いておき、今朝は大騒ぎとなりました。

051225_11330001Pecanもページを開けたところを見たのは本日が初めて。所詮ペーパークラフト051225_11350001だ、とそれほど期待していなかったのですが、実に細部までこだわって作られており、見応えも十分あるものでした。また、こういう“きわもの”の絵本だから文章の内容は結構いい加減だろうと思っていたのですが、どうしてどうして。アリスはもしかしたら原文そのままでは? と思うくらい詳しいし、恐竜の方も、タイトル(Encyclopedia)どおり。骨が最初に発見されたときに考えられていた形態(動きが鈍重で精悍さに欠ける)と、その後の調査によりわかった形態(敏捷でかなり知能が高い)がそれぞれ比較できるように具体的なクラフトで*1示されていますし、絶滅した原因を示すために、実際の火山が噴火したり、隕石が落下したりするクラフトまで付いていました。

子供達に読んで読んでとせがまれて、(しぶしぶ)読みました。当たり前とはいえ、英語の絵本なんですね(苦笑)。わけのわからない単語が結構あり(特に恐竜の名前)、かなり怪しい訳となってしまいました。これから何度も読んでくれとせがまれたらどうしよう。うちの奥さんは、“保育園に持っていって先生から皆に読み聞かせしてもらうんだから、ちゃんと翻訳をつけておいてね”、とか言い始める始末です。勝手に決めるなってw。とりあえず、正月中に翻訳するという約束をさせられてしまいました。

後から、ネットに翻訳を載せている奇特な人はいないかなあ、と探してみたところ、あれれれ、日本語版が出ているではないですか…。_| ̄|○
44992812024499280869

これらの本を詳しく紹介している記事としては、絵本ならべしずかのおススメ日記『本屋のバイト、書籍を探訪すをご参照ください。

*1 これはPecanの勘違いでした。絵は書いてありますが、クラフトにはなっていませんでした。

[書籍]初めてリーダーとなる人のコーチング (副題:チームの力を引き出し、個人を活かす23章)

初めてリーダーとなる人のコーチング -チームの力を引き出し、個人を活かす23章

4822243249ローファームなど、メンバーの大半がプロフェッショナルであるケースにおけるコーチングの本です。プロフェッショナルな集団の場合、コーチ自身がプレイングマネージャを兼ねているケースがほとんどですので、ついついクライアントを重視するあまり、コーチングに割く時間を削ってしまいます。会社の組織の中では、知財や法務の部門が該当すると思います。

以下の式が印象に残りました。

よくコーチされた集団のOutput >> コーチされていない集団のOutput + コーチ1人分のOutput

要するにコーチ一人のアウトプットなんて知れたもの。きちんとコーチングすることによって集団のベクトルを合わせれば、大きな力を発揮するということなのでしょう。心に留めておきたいと思います。

西郷隆盛は征韓論者ではないという説

以前書いた文書を投稿します。これまでとは全く毛色の違う内容ですが…。

西郷隆盛が「征韓論者」であったという通説がありますが、私はこれには反対の考えを持っています。自分個人の考えというよりは、10年ほど前に読んだ本から大きな影響を受けてのことですが…。

「明治六年政変」(毛利敏彦著)中公新書561

この本は信頼のおける史料を丹念に追うことによって、通説(西郷らは征韓論に破れ下野した)の誤りを明らかにするとともに、明治六年政変の真相を明快に解き明かしており、読みながら幾度となくわくわくしました。

さて、西郷が征韓論者であるという説ですが、これは例えば、板垣退助宛の書簡に「それよりは公然と使節を差し向けられ候わば、暴殺は致すべき儀と相察せられ候に付、何卒私を御遣わし下され候処、伏して願い奉り候。副島君の如き立派の使節はでき申さず候えども、死する位の事は相調い申すべきかと・・」とあることから、”朝鮮側に使節を派遣すれば、朝鮮側が使節を暴殺して開戦の名義が生まれるはずだ”という議論を行っていることが最大の論拠でした。

しかしながら、これに対して、著者は次のような意見を述べています。「西郷は、1873年10月15日付で太政大臣三条実美にあてた「始末書」において、〈公然と使節差し立てらるる〉のが至当であり、あらかじめ戦争準備をして使節を派遣するのは〈礼を失せられ候〉、そうでなくて誠心誠意の交渉によって〈是非交誼を厚く成され候御趣意貫徹いたし候様これありたく〉と明言している。この西郷の提案は閣議で満場一致で承認され、彼は志望どおり朝鮮派遣使節に任命されることが決まった。もし、西郷がそのまま朝鮮国に赴いたならば、日朝間の国交は円満にまとまり、その後のアジアの平和に大きく寄与したであろうことは疑いない」

このように板垣書簡の内容には矛盾があるわけですが、著者によれば、これは西郷の真意ではなく、閣議で強硬な征韓論的傾向を帯びた発言を繰り返していた板垣の支援を得るために、西郷が使ったテクニックであったという意見です。「西郷は公式には一貫して『朝鮮に非武装の使節として赴き胸襟を開いて交渉に当たる』と表明しており、朝鮮出兵を主張したことは一度もない。板垣は当時、閣内において強硬に武力解決を主張しており、問題の手紙の内容はよく読めば、『まず私を朝鮮に行かせて欲しい。万一決裂すれば、後はあなたの自由にしなさい』という意味である。西郷は板垣と特に親しかった訳ではなく、彼一人に秘めた真意を明かす関係にはない。西郷は硬直した朝鮮問題を解決するために積極的に任に当たろうとしたが、留守政府に反感を持っていた岩倉、大久保、木戸、伊藤が使節派遣を口実に陰険な留守政府打倒を策謀し、失望した西郷は辞職した」

なお、この当たりの詳細な内容は、上記の本を読んでいただくのがよいかと思います。史実を元に実際に起きたであろう内容が再現されています。伊藤博文の暗躍ぶりが目を引きます。この明治六年政変によって、一番得をしたのは、長州の汚職閥であった(汚職を厳しく追及していた江藤新平も同時に下野したので)ということになります。

ところで、NHKの番組「その時歴史は動いた」(第15回「西郷隆盛、明治に挑む〜西南戦争勃発の時」平成12年7月12日(水)放送)でも、この毛利教授の学説にしたがった内容となっており、西郷は征韓論者でなかったという内容になっています。番組のサイトより解説した部分を拾ってみます。

所謂「征韓論」について
従来、西郷隆盛の下野(明治6年の政変)については、「西郷は不平士族の不満をそらすため朝鮮半島への出兵を主張したが内治派の大久保利通らによって妨げられ下野した」とされてきましたが、現広島市立大学教授毛利敏彦氏が「明治6年政変の研究」を始めとした一連の学説・研究でこの見方に根底的な疑問を呈してきました。(明治6年の政変は、岩倉具視、木戸孝允ら外遊派の閣僚が土佐・肥後派を追い落とすために仕組んだクーデターであり、征韓論という外交問題を巡って政府が分裂した事件ではない。又西郷は公式の場で一度も朝鮮出兵を主張しておらず、むしろ征韓論を主張した板垣退助らに反対し、平和的な使節を送る事を主張した。)従来の説と毛利氏の説の間に正誤の決着がついたわけではありませんが、毛利氏の説は学会で一定の支持を得ているとの認識から、今回の番組では毛利氏の学説をふまえた内容としました。(つまり西郷イコール征韓論者とはしませんでした。)詳しくは、中公文庫「明治6年の政変」「台湾出兵」(共に毛利敏彦氏著)を・・・。

より以前の記事一覧

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ