Link

« ココログメンテ終了! | トップページ | 神大教授・特許データ捏造問題・・・企業も姿勢を正すべき »

神戸大学教授特許捏造問題に一応の決着

データ捏造 神大2教授に訓告(神戸新聞Web版より)

 神戸大学が、ダイヤモンドを使った工具の発明について特許を出願した際に、担当教授が実験していないデータを捏造(ねつぞう)し出願書類に記していた問題で、神戸大の調査委員会(委員長=北村新三理事)は十三日、「未実施のデータを含んだ特許の出願は、研究者の倫理に照らして不適切」とする調査結果を発表、教授ら五人を訓告や口頭厳重注意とした。

 調査によると、問題となった工具の発明にかかわったのは、連携創造センターの中井哲男教授▽工学部の大前伸夫教授▽同、田川雅人助教授。

 このうち中井教授が、必要な実験装置がないにもかかわらず、大前教授らが出した実験データを参考に、あたかも実験を実施しデータを得たかのように出願書に書き込んだ。

 大前教授は出願前、「こんなことまで書いて大丈夫か」と何度も確認したといい、中井教授は「書き過ぎた」と反省しているという。

 神戸大は、この出願について、「違法行為ではないが、重大な問題がある」と判断。同日付で中井、大前両教授を訓告、田川助教授を口頭厳重注意とした。また、管理監督責任を怠ったとして、眞山滋志連携創造本部長と、薄井洋基工学部長も口頭厳重注意とした。
(後略)

この件では、chem@uさんのブログの記事で、企業の技術者出身であった中井教授が関与していた可能性を挙げておられましたが、その通りだったようです。私も以前の記事で書きましたが、大前教授が一人で行なったというのはどう考えても不自然でしたし、教授一人に責任をかぶせて終わりにして欲しくないと思っていましたので、事実が明るみに出て、良かったと思います。また、懲戒ではなく訓告で済んで良かったとも思います。

まあ、もともと特許の世界では当然成り立つだろうと予想されるデータを盛り込むことは慣習として行われています。したがって、これを懲戒処分にするとすれば、波及する影響が大き過ぎます。といって、これだけ騒ぎになってしまっている以上、無実として放免するわけにもいかず、大学側が懲戒には当たらない訓告処分で手を打たざるを得なかったのは必然の結果だったと思います。

ただし、“違法行為ではないが、重大な問題がある”とわざわざ断っていることから、今後は(少なくとも)神戸大学において同じことを発生させることは許されないことが明確になりました。手元の読売新聞の関西版の記事によれば、神戸大学は“今後、研究者の行動規範を策定し、研究者倫理の徹底を進める”とあります。

リスクマネジメントの観点から、他の大学もこのような規範を策定・導入することは時間の問題です。したがって、企業側としては、大学との共同研究においては、出願明細書に記載するデータの真偽については極めて慎重な姿勢で取り組む必要があると思います。特に、実際に行なっていない想像上の実験データを実施例として「○○を行なったところ、△△のような結果が得られ、本発明の効果が確認された」などと、あたかも実験を行なったかのように過去形で記載することは避けなければなりません。もし、実際に行なっていない(が発明思想から考えて当然成り立つはずの)内容を書く場合は、出願時には発明の構成だけの記載に留めておくべきです。出願後1年間は先の出願に対して新しい内容を追加して出願できる国内優先という制度がありますので、これを利用して、実際に行なったデータを実施例として補充するのが良いと考えます。

« ココログメンテ終了! | トップページ | 神大教授・特許データ捏造問題・・・企業も姿勢を正すべき »

仕事」カテゴリの記事

知財」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。神戸大の件、処分が発表されていましたか。この程度の処分が私も妥当と思います。また上記のご意見に同意です。
一方で研究費不正使用問題で大学はゆれていますね。リスク管理という、社会ではあたりまえになりつつあることを大学も学ぶべきときだと思います。かといって、官庁関係だと、すぐに「やっちゃだめ!」だけを増やしてリスク対応したことにする。利益を損なわずに本質を守る努力が問われるなぁ、と思っています。

追跡調査ありがとうございます。
『大前教授は出願前、「こんなことまで書いて大丈夫か」と何度も確認したといい、中井教授は「書き過ぎた」と反省しているという。』予想通りでした。調査報告が大前教授叩きではなく、真実と思えるものであったことに少し安堵です。
とはいえ、この事件が今後の大学の産学連携に与える影響は結構大きそうです。

TBありがとうございました。こちらからもTBさせていただきました。依然として、何故処分が必要なのか分かりませんが。「重大な問題」の中身が気になります。
国内優先、新しく提出した明細書の出願日が最初の出願の出願日に遡及するだけで、最初の出願はなかったことになるのであまり使ったことはありません。このようなケースでも使わなくて良いように最初の特許の記載内容に注意すべきでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47620/10937788

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸大学教授特許捏造問題に一応の決着 :

» 神戸大特許事件 [弁理士の日々]
「神戸大教授特許データ捏造事件」とされる事件については、4月末に報道された時点で私は話題に乗り遅れ、状況を把握していませんでした。 今回、神戸大での処分が決定したとの報道があったので、あらためて調べてみました。事件発覚時の報道を含め、私が接する報道では、神戸大の大前教授が出願明細書中に捏造実施データを書き込み、大前教授自身が出願人になって出願したような書きぶりになっています。出願の取下げも、大前教授が取り下げたような報道です。 ところが、出願書類(特�... [続きを読む]

» 神戸大特許捏造の件・続3 [ケミストの日常]
Pecanさんにいただいたトラックバックの記事により、この件に一定の解決が付いたことを知りました。 この件は私も特許出願を企業と何度か進めたこともあり、当初から興味を持っていかのような検証記事を書いてきました。 神戸大特許捏造の件 神戸大特許捏造の件・続 神戸大特許捏造の件・続2 当初の報道では大前教授一人が槍玉にあがっていました。 検証を進める中で、 神戸大特許捏造の件・続 > #発明者3名のうちもう1名中井哲男氏は神戸大の産�... [続きを読む]

» 神大教授・特許データ捏造問題・・・企業も姿勢を正すべき [只今療養中]
7月14日に書いた記事にいただいたコメントやトラックバックに対して、コメント欄に返信を記載しかけておりましたが、長くなりそうですので、記事といたします。 MANTAさん、chem@uさん、「弁理士の日... [続きを読む]

» 神戸大学特許取り下げ事件(続) [地獄のハイウェイ]
以前に取り上げた(http://blogs.yahoo.co.jp/katsuya_440/34851834.html ) 神戸大学工学部の特許取り下げ事件の続報があった。 報道によると大前伸夫教授と中井哲男教授が訓告、 田川雅人助教授には口頭厳重注意だそうだ。 実際には実験していないデータが記載されていたことに対して 調査委員会は「研究者の倫理に照らせば適切さを欠く」としているそうだが、 特許は発明(=アイデア)を保護するためものだから、 明細書に書いてあるかどうかが客観的な事実..... [続きを読む]

« ココログメンテ終了! | トップページ | 神大教授・特許データ捏造問題・・・企業も姿勢を正すべき »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ