Link

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

特許明細書と客観的事実

神大教授 実験データ捏造し特許出願

 神戸大学が特許を出願した工具の発明について、工学部の大前伸夫教授(59)が実験していないデータを盛り込み、特許庁に提出していたことが二十七日、明らかになった。工具はダイヤモンドを使って鉄を精密に切削するもので、大前教授の研究チームは出願後、「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」などから研究費の助成を受けていた。内部告発で大学が調査し、書類の捏造(ねつぞう)が判明。神戸大学は教授の同意を受けて今月二十四日、特許の出願を取り下げた。

 神戸大学の特許部門を扱う連携創造本部によると、捏造されていたのは、レーザーを使って原子をダイヤに照射し、表面の耐久性を高める実験データの一部。出願書類に記した八つのデータのうち五つについて、必要な装置がなく、実験を全くしていなかった。

(中略)

 大前教授は二〇〇五年三月、工学部助教授らとともに、大学を通じて特許を出願。同十一月に出願内容がインターネットなどで公開された。

 その後、共同研究した助教授から「内容に疑問がある」と大学側に申告があったという。連携創造本部が大前教授に聞き取り調査したところ、未実施の実験データを使ったことを認めたという。

(中略)

 大前教授は「将来達成できる可能性のある研究を特許申請することは、一般的によくあると思う。今回はこの考えに基づいた申請で、したがってアイデア段階のデータが多数含まれる。出願取り下げは、大学の決定なので甘んじて受けたい」などと文書でコメントした。

問題の特許は、この出願だと思います。内容をざっと見てみましたが、方法クレームに「原料ガスにレーザを照射して電荷を持たない原子ビームを生成して」という箇所があり、実施例の表にこの原子ビームを色々な原料ガスで生成させて8つの試料を作製した実験結果が書かれています。No.1~5の試料は原子ビームの発生箇所が3箇所ある装置で3種類の原子ビームを生成したときの例、No.6~7は1種類の例、No.8は全く使わなかった例(比較例)のようです。記事から推測すれば、No.1~5の試料については、出願当時には3種類の原子ビームを発生できる装置を保有していなかったにもかかわらず、「実施例」として実際に行ったかのように記載したことが問題となった、というものだと思います。

この事件に対する一般的な反応を見てみると、論文のデータ捏造と同じく「またか!」という呆れたものが目立ちます。これはある意味当然の反応かも知れませんが、教授が気の毒な気がします。この教授がこれまで発明者として公開されている特許は数件に過ぎません。教授と代理人との間でどのようなやりとりがあったのかはわかりませんが、このように経験があまりない教授が一から十まで全ての「捏造」を画策して、この内容で出願してくれ、と代理人に依頼したとは考えにくいからです。そういう意味で、自分の全責任で執筆する論文などとは事情がかなり異なるのではないかと、私は考えます。

ただ、教授のコメントの「今回はこの考えに基づいた申請で、したがってアイデア段階のデータが多数含まれる。」について、実際に行わなかった「アイデア段階のデータ」を、実際に行ったものを過去形で記載する「実施例」の箇所に書いたのは、まずいやり方でした。アイデア段階のデータであれば、発明の実施の形態の箇所に、このようにすればこれこれこういう理屈でうまくいくのだ、と現在形で自信たっぷりに記載すればよかったのでしょう。このあたりは、教授というより明細書を作成した代理人に問題がありそうです。まあ、後になってからなら何とでも言えますが…。

また、特許の明細書の内容は、事実と非事実が混在した曖昧模糊としたものです。これを客観的な事実以外は捏造、とする安易な白黒の二元論で割り切ってしまうのには大いに問題があると考えます。

以前書いたように、特許を取得する仕事とは、明細書に書かれた「技術」を題材に特許法の枠組みの中で、審査官とディベートを行うようなものです。このディベートでは、客観的な事実よりも、「明細書に書いてあること」の方により重みがあります。明細書の論理が最初から最後まで破綻せず、審査官がああ言ったときに、こう言い返せるためのネタをどれだけたくさん明細書に仕込んでおけるかが、特許を権利化する上で重要です。そのようなネタは客観的に確認された事実である必要はなく(事実のほうがベターですが)、技術的に間違っていなければ頭の中で考えたこと(想像)でもかまいません。そのような性格を有する明細書を、学術論文と比較すること自体がナンセンスであると思います。

なお、特許の世界に身を置く者として誤解を避けるために言っておきますが、特許の出願書類にはでたらめを書いても良いということではありません。必ずしも「実際の」データを記載することが必要とされているわけではない、ということです。特許は発明者が実際に作った発明品を保護するだけではなく、その発明の思想自体を保護するものです。したがって頭の中だけで思考実験を行った結果であっても、特許を取得できます。実際に行った内容しか保護できないとなれば、続々と発明の思想を利用した類似品が登場してきてしまい、発明に対する保護が不十分となります。そのような類似品を防ぐために、実際に行った内容の周辺部分を他者(他社)が実施するであろう態様を予想して、(実際に行っていない)アイデアを出願するということが多く行われてきています。これは日本に限らず全世界で共通です。

ただ、何事も行き過ぎは問題です。余談になりますが、例として、数値限定の特許(数値限定以外の箇所が公知)にみられる問題を挙げてみます。

日本の審査基準では、数値限定の特許が特許として認められるためには、その数値範囲の内外では、臨界的な意義が必要とされています。簡単に言えば、特許の数値範囲に入ると突然良い結果となり、数値範囲から外れると突然悪くなるというような場合でなければ特許になりません。ただ、自然法則を利用した現象でクレームの数値範囲(たいてい、2~100とかの整数(苦笑))の内外で突然良くなったり悪くなったりするはずがありません。それなのに、誰でも名前を知っている有名な大企業がそんな数値限定の特許を出しまくり、実施例には明らかに捏造したとしか思えないデータを記載しています。そのうちいくつかは審査の網を潜り抜けて特許となり他社を圧迫している状況です。審査官も怪しいと思っても基準を満たす限り特許にせざるを得ない状況でした。最近ではようやく審査もまともになってきましたが、90年代後半から2000年頃にかけてかなりお粗末な特許が多数権利化されていますので、何とかして欲しいところです…。と愚痴になりました。

さて、今回の事件をきっかけに、全大学で同じように過去にその大学の教官が発明者として出願されたものの真偽を全て問い出したら…。特に企業との共同出願案件で先生が発明者に名を連ねているようなケースでは、先生に敬意をはらって、発明の寄与に関らず、発明者として加えているものもあると聞きます。そういったケースでは出願前に明細書の中身をきちんと確認しているものは少ないでしょう。上述したように、企業は明細書に多少の創作があろうと全く気にしませんから、先生方は知らず知らずのうちに爆弾を抱え込んでしまっている…ことにもなりかねません。

また、大学の先生を共同発明者として加えた場合、事実以外を記載してはいけない、などということにでもなると、大学との共同研究は不可能になってしまう可能性があります。本件はそういった意味で大きな問題に発展する可能性があります。今後の成り行きを注視したいと思います。

特許男復活へ!

大体書きたいことは昨年度のうちに書き尽くしてしまったためか、今年はなかなか特許ネタを思いつきません。家と会社の往復では日々のネタもそれほどありません。そんな中、うれしいニュースが。

あの特許男のブログがバージョンアップし特許男プロジェクトとして5月8日から再出発するようです。

今までの”特許男”のポリシーや語り口はそのままに、よりパワーアップした魅力溢れるコンテンツをお届けします。どのようにパワーアップするかはひ・み・つ・・・。

とあります。どうなるのか楽しみですが、記載されている新しいURLをクリックすると、“閲覧には管理人が設定したパスワードが必要です”と表示されることから、登録制にしてクローズドな場を設定するのだろうか、と想像しています。私のブログのエントリも特許男のブログに触発されて書いた内容が多かっただけに今から楽しみです。

新・中学一年生

長男が新しい中学に通い始めてから1週間。まだ制服やカバンの方が体よりも大きく、登下校の姿はぶかぶかの制服を着たカバンが歩いているような状態です。土曜日も半日授業があるので、今日も眠そうな顔で出て行きました。

友達はできたか、授業は大丈夫か、子供よりも親の方が気にしています。同じ小学校から入学した子はいずれも別のクラスで同じクラスは知らない顔ばかりのようです。まぁ、これから高校卒業まで6年間一緒に過ごすのですから、焦ることはありません。イヤでも全員と顔見知りになるでしょうから。

さて、今週は授業をどのように進めていくか、といった説明のようでまだ本格的にはスタートしていないようです。学校から文部科学省御用達のものではない教科書を受け取ってきましたが、特に力を入れている数学や英語は6カ年一貫教育用のものでかなり歯応えがあります。出版社はZ会と数研出版が入り交じっていますが、私の記憶ではZ会は大学入試の通信教育の会社、数研出版はチャート式の参考書の会社だったはずであり、こういった中高一貫の教科書を出しているとは知りませんでした。

ところで、数学の教科書は代数と幾何に分かれており、代数の教科書をパラパラとめくってみたところ、今の文科省の指導要領では高校の範囲とされている連立一次不等式を扱っているのには驚きました。先日のエントリで書いた文科省の教科書との難易度の差は歴然です。ただ、中高一貫というシームレスな教育形態を考えるとこちらの方が合理的なのかも知れません。

日本全国津々浦々で…

前回のエントリにも書きましたように、年度末に出願が集中してしまい、大忙しでした。原因は明らかです。出願件数で実績の管理を行っているからです。集中による問題は多いですが、最大の問題の一つは明細書のチェックが不十分になることです。私の会社もひところに比べれば改善傾向にあるのですが、まだ年度末には集中する傾向があります。

ところで、私の会社が3月に出願した案件の出願番号を見ていて面白いことに気づきました。0306application 横軸に3月の日付(1~31)、縦軸に出願番号「特願2006-□□□□」の□□□□をプロットしたグラフを示します。出願番号は、その日の中で最初に出願されたものの番号をピックアップしています。厳密に言うと、特許庁に出願する担当者が毎日同じ時刻から作業を始めるわけではないので、若干ぶれはありますが、それは無視します。

これをみると、最後の3月27日くらいから明らかに出願数が増加していることがわかります。Excelで1次近似させて傾きを見てみると(グラフ中に近似式を記載します)、3月前半から後半にかけて一日あたり約1200件程度出願されているのに対し、3月27日~31日にかけて一日あたりの出願件数が3000件を超えています。私の会社以外にも出願件数で管理をしている会社がたくさんあるということでしょうか(苦笑)。

なお、確認のため、年度末集中とは関係なさそうな昨年の11月のデータについても同様にサンプリングしてみ1105applicationました。 一日あたり900件を超える程度で特に月末に集中しているという傾向も見られませんでした。

なお、上記の計算は土日も含めていますので、本当の「一日あたり」ではありませんが、横並びで比較するという目的は達したものと思います。

3月を終えて

ようやく忙しかった3月が終わりました。先日のエントリでも書いたように、数値目標を達成するために出願に専念した月でした。代理人12件(3事務所)、内製3件のトータル15件という結果です。管理職でなければ、余裕の数字なのですが、今回は部下も同様に多数の出願をしていた関係で、クレームのチェックや内製の明細書原稿のチェックに追われてしまいました。最後の週は代理人に送ったメールにファイルが添付されていなかったり、パスワードを間違えたり、とかなりバタバタしてしまい、代理人の方々にも大変迷惑をかけてしまいました。

ただ、発明者と十分に打合せを行い、必要かつ十分なクレーム網を作ってから依頼を行っておりましたし、依頼した代理人の方々とは、これまでにも何度か出願を行ってもらっており、互いに相手の意図がわかるようになっっていたことに加え、実施可能要件を満たすための細かい構成については、過去の資産(出願)を転用してもらうなどの融通も聞かせてもらうこともでき、できあがってきた明細書は基本的に満足のいくものでした。価値の高い特許を多数権利化するための種蒔きができたのではないかと思います。

数日間、少々寒い日が続きましたが、体調のほうも比較的良好ですので、明日から始まる新しい期も元気に迎えていきたいと思います。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ