Link

« 検診で異常が… | トップページ | パソ通懐古録(その1) »

PC懐古録(その2)

さて、お待ちかね<誰が? のPC懐古録(その2)です。

NECのPC98については、Windows95がリリースされたのを機に見切りをつけ、DOS/V機に乗り換えました。DOS/Vの初号機は、当時DOS/V誌で最高得点を叩き出していたショップブランド機 JCS Vintage133(Pentium133MHz)。モニタやら一式全て入れ替えたので、40万円近くかかりました。よく奥さんが許してくれたものです。仕事では、なかなかNECのPC98シリーズとの縁が切れず、Epsonの互換機(名前ももう忘れた、確かPC-486だっけ)をしばらく使いました。何かPentiumのCPUアクレセラレータを積んでいたような記憶がかすかにある…。

その後は、数年ごとに筐体やパーツを入れ替えて、現在は四代目のマザーボード(GigabyteのIntel 845G + Celeron1.7GHz )になります。98年に改造した二号機でマザーをATからATXに変更し、筐体・キーボードもほとんど入れ替えてしまいましたので、初号機からの現役の部品は、TekramのDC-390というSCSIボードだけ。現在、ビデオもオンボードですが、主にネット接続とMicrosoftのOffice関係がメインの用途の私としては、特にストレスを感じないので、これでよしとしています。

初号機の筐体(AT用)は、ジャンクのATマザーを使い、息子用のPC(K6-2 300MHz)として最近まで現役で動いていました。さすがに昨年HDD(Maxtor8G)が飛びました…。

95年に初号機を買ったときに、インターネットに初めて接続しました。28.8kbpsのモデムで、地元でサービスを開始したばかりのプロバイダに加入しました。初めてYahooのホームページが表示されたときの感激は忘れられません。それまでは2400bpsでパソコン通信(別の懐古録で触れます)をやっていたので、遅いのになれていましたから、リアルタイムで画像を表示されるのは夢のようでした。その後、デジタル回線にして64kbps(2回線で128kbps)での接続も相当長く続きました。

ブロードバンドは最大手のプロバイダがADSLのサービスを開始したのに合わせて申し込み、つながるまで約半年待ちました。2002年頃だったでしょうか。今では、10MbpsのADSLに有線のブロードバンドルータにメルコの無線LANユニットを噛ませて使っています。今なら無線LANユニット自体がブロードバンドルータになっているのが普通なのでしょうが、最初に無線LANを入れたときにはブロードバンド自体が存在していなかったので、つぎはぎになりました。電話局から比較的近いせいか、だいたい常時5Mbps出ており、現在の使用状況では特にストレスはありません。今のところ、光にする必然性も感じてませんので、ADSLが廃れるまではこのまま行くと予想しています。

ところで、2週間くらい前に久しぶりに部品の入れ替えをやりました。DVD-ROM専用のドライブを書き込み可能なドライブ(LG電子 GSA-4167B)に変更したのです。このドライブはDVD±R、±RWはもちろん、RAMや片面二層(±R DL)に対応しているということなので、店頭で見かけて何も考えずに衝動買い購入。PanasonicのDVDレコーダーを持っている身としては、DVD-RAMが読めるのはありがたいことです。といって、RAMは高いんであまり使ってないのも事実ですが…。

買って帰ってから、ネット上で色々な情報を見ていてわかったのですが、この機種は日立LG電子という会社(合弁?)が開発したものをLG電子の方で作っているようですね。日立自身も作っているのか? 何だかよくわからないけど、ま、6000円台で昔の水準から考えるとめちゃくちゃ安い買い物だったなという印象です。ただ、PC部品を作っているメーカーの立場で考えてみるとこの価格下落は大変ですね。

初期不良がないか心配だったのですが、一杯になりつつあったHDD(80GB+30GB)のうち、10G程度DVD-Rに移動しました。あと、以前ピアノ教室で作ってくれたコンサートのDVD-ROM2枚組を圧縮して1枚に焼いてみました。特に異常なくほっとしました。安かろう悪かろうだった韓国製品のイメージも今は昔になりつつあるのかもしれません。

あれっ、懐古録じゃなくて最近の話になってるぞ。というわけで、この辺で終わります。性懲りもなく、次回は古き良き90年代のパソコン通信時代を懐古します。

« 検診で異常が… | トップページ | パソ通懐古録(その1) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。私もDOSVは386マシンから触ってました。そのころはまだPCVAN、NIFTYともNEC信者が一杯で、DOSVってMSDOS5とどう違うの?DOS「五」ってなに?の世界でした。はじめのマシンにはまだ光学ドライブが付いて無かったですね。後付した記憶があります。あのころIBM日本は輝いてましたね。TZONE(今の黒い九十九ショップのところ)でPCゲームを見るのとインド人の店員がいたのを鮮明に覚えています。

タマヤンさん、はじめまして。
386マシンからのDOS/Vですか。当時の日本ではマイノリティだったと思いますが、先見の明がありましたね。今ではDOS/Vという言葉も雑誌の名前に残るくらいでもはや死語なのかも。
僕が初めて意識したのは、会社の後輩が93年(92年だったかも)に486の66MHzの機種を購入したときから。当時としては凄いマシンスペックで、後輩はOS/2上で同時に複数のWin3.1を起動させてそれぞれで別々のタスクをさせて悦に入っていました。当時、Win3.1ではマルチタスク処理ができず、OS/2に到底かなわない状況でした。IBMはいいOSを作りましたね。メジャーにならなくて残念。

そうです。486マシンあたりから風向きが変わったんです。NECの486搭載機と、オープンアーキテクチャーの自作機の価格差が鮮明になって。。。秋葉原の巡回がおもしろくなったのもこの時ですね。職場の環境もロータス123からエクセルに移行していく中で、大変革期でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47620/6914834

この記事へのトラックバック一覧です: PC懐古録(その2):

« 検診で異常が… | トップページ | パソ通懐古録(その1) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ