Link

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

質問してますか

Pecanは集まりに出たときは、必ず何らかの質問をします。会社の会議、外部研修会、学会(知財に来てから全然行ってないけど)、身近なところでは、PTAの集会やマンションの管理組合の総会にいたるまで。質問しないときの方が珍しいくらいです(PTAはあまり深入りすると役員にさせられてしまうので避けたいんですが)。

これは十数年前に会社の研究所に新入社員として配属されたときに、上司から毎月の月例報告会や学会に出るときに、義務づけられていたのが癖になってしまったもの。

最初の1年位は、質問するだけで大緊張でした。発表をだいたい理解してその中でわからない点だけを質問するというのが普通なんでしょうが、Pecanの場合、発表されていることがほとんどわからなくてもとにかく質問すると決めてました。素直すぎて上司のいうことをそのまま実行しようと頑張ってたんですな。ですから、質問のネタを見つけるまで必死で相手の発表を聞く。質問のネタが見つかるとその後は大変。頭の中は発表終了後に自分が質問することでいっぱい。どんな言葉で質問しようかとか、ひたすら脳内シミュレーションを繰り返し、発表はほとんど上の空。で、質問し終わるとどっと疲れて、満足感に浸りつつ座り込む。相手の回答もほとんど耳に入っていません。逆に聞き返されて立ち往生することも。さすがに、そのうちにだんだん慣れてきて、まともなやりとりができるようになってきましたが…。

一時期、Pecanは他の大学に研究生として派遣されていました。研究室の先生や学生さんと毎年春秋2回、応用物理学会という大きな学会の主催する講演会に行って発表したり聴講したりしていました。春季は首都圏、秋季は地方大学で開かれることが多く、5000人以上の参加者がある大きな学会です。特に秋季は地方なので、ホテルの予約が取れなくて苦労したっけ。各サブジェクト毎に教室に分かれて開催されてます。

で、その学会での話なんですが、Pecanがやっていた分野は新しい分野で応用製品は世の中にはなく、それほど研究者も多くない。だいたい固定メンバーが50人くらいで、全体としては200人くらい。発表も約15分から20分くらい。その中で毎日数回、「あの~、○○のPecanと申しますが・・・」、これを年2回欠かさずやっていたものですから、かなり有名人になってしまっていたようです。夜、その地方都市の飲食店で研究室の学生や先生と飲み会をしていたところ、別の座敷から、、「あの~、○○のPecanと申しますが・・・」とイントネーションもそのままに物真似されて爆笑が聞こえてきたこともあります(苦笑)。(○ヤ○ンの○林、覚えとけ、特許いつか潰したるで)

今になってみると、自分が学会で発表したときよりも、質問したとき、それもあまり理解しないまま知ったかぶりで質問して恥ずかしい思いをしたときの方が鮮明に思い出せます。例えば、絶縁体として安定化ジルコニアを使った発表に対して“イオン導電体だから絶縁性はないんじゃないか”などと質問したときのこと…。質問された側も学生さんでイオン導電体の意味がわかっておらず、うまくかみ合いませんでしたし、助け船を出した教授(助手だったかも)もよくわかってない。結局、結論は出なかったのですが、休憩時間の時に、たまたま覗きに来ていた他企業のドクター(大学の先輩)にあれは質問自体がおかしいよ、と間違いを指摘され青くなりました。その後は2度とこの件に関する間違いはしていません(他の件ではともかく)。そういえば、あのとき前記キ○ノ○の○林もニヤニヤしながら首を振ってたっけ。あいつわかってやがったのか、畜生。

ま、個人的怨念はおいておいて。

「質問の場は真剣勝負である」と思っています。質問には、その人の理解度、人格、様々なものが凝縮される。それを発表者が正しく受け止めて返す、そこに発表者のエッセンスが凝縮される。大げさに言えば、魂のやりとりみたいなもの。会社の後輩等も知財協の研修等に行っているようですが、わからなくてもそのまま黙って帰ってくる。これは歯がゆい。会社の金使ってんだろ、などと野暮なことをいうつもりはないですが、自分にとって成長するチャンスをみすみす放棄していると感じるわけです。

最後に、今まで見たうちで記憶に残っている質疑応答。

ある半導体材料関係の国際学会での話ですが、あるロシア人の学者(60歳前くらいのおじさん)が発表したときのこと。日本の質問者から、“それはIIb型のダイヤでの話ですか?”というような質問がありました。ちなみに、ダイヤモンドは含まれる不純物の種類等によってIa,Ib,IIa,IIbに分けられ、IIb型のダイヤとはホウ素を含有するもので青っぽい色を呈し、半導体になります。詳細はこの宝石鑑定士ダンジさんの記事をご覧下さい。

で、その質問をを受けロシア人の学者はすかさず、“IIb or not IIb, that is the question.”と前置きして回答。会場は大爆笑。いうまでもなく、'IIb'と'to be'をかけたわけです。“へぇー、ロシア人でもシェークスピアを読むんだ”と妙なところに感動した記憶が。ま、オヤジギャグですな。

カーナビ・バージョンアップの効果確認

ナビのバージョンアップをした話を前に書きましたが、その後の様子です。

最近は、あまり遠くに行くこともないのでナビを使うことは滅多にありません。街中を走らせるときに地図だけ表示させているという使い方がメインです。で、先週カミさんとそのお友達を、別の中学の入試説明会にお送り申し上げて、迎えに行くときに使ってみました。

その中学は街の中にあってだいたいの場所は頭に入っていましたし、送っていった時に既に道もわかっていたので、特にナビも必要なかったんですが、表示される到着予定時間が結構重宝なので…。ナビの到着予定時間を見て、いつ頃迎えに行くよ、と携帯メールすれば、近距離ならだいたい±3分くらいで渋滞でもない限りほとんど外すことはありません。

さて、結論から言いますと、バージョンアップの効果はよくわかりませんでした(笑)。街中だけで、山道を間に挟んだルートではなかったもので…。ただ、いったんこの道を左に曲がると決めたら、何度でもしつこく左に曲がるルートばかり選択する癖は直ってない。図示します。まっすぐ行きたいのに、曲がれ曲がれ、とうるさくてかないません。俺は曲がるのはきらいなんだ。ご主人様の癖をいい加減覚えてくれよ。route

……。書いているうちに、“直進優先”のモードを選択すればよかったんじゃないかと思い始めてきたPecanでした。

続きはまたいずれ。

特許男のブログ

最近、特許男というブログに行き当たりました。執筆者は2名、特許男(壱),特許男(弐)と名乗っておられますが、いずれも特許事務所の経営者だそうです。それぞれ独特の持ち味。

特許男(壱)さんは、もと企業知財部の勤務弁理士だったという経歴で、大企業の知財部員相手に真っ向から丁々発止とやりあい、対等以上に渡り合っている。クレーム主義クレーム主義(2)~いつクレームを極めるか?ミーティングはシナリオのない舞台あたりにその一端が伺えます。クレームが最重要という主張、激しく同意。ミーティングの場の全員にクレームの重要性を認識させるために、いきなりホワイトボードにクレームをドラフトする。これはいい手ですが、かなりの力量が必要ですね。発明者が提示してくる実施例レベルの構成から、さらに上位の本質的な構成要件を抽出しないといけない。素人の発明者は、自分の考えている構成がクレームになれば、だいたいは満足しますが、同席している知財部員(ま、これもピンキリですけど)をして、凄いと思わせしめるかどうか。この真剣勝負を制してクライアントのハートをがっちり掴みたい。特許男(壱)さんの文章からは、そんな才気走ったギラギラしたものが伝わってきます。一度私もミーティングに参加して丁々発止とやってみたいもの、イヤ、キリの知財部員の私では到底太刀打ちできそうにありませんけどね。その前に、うちの料金体系には合わなくて断られてしまいそう(爆)。この間もアプローチしたある事務所と折り合いが付かずに断られましてん。事務所の料金は関東と関西で違いがあり、やや関東の方が高めに設定されているようですが、うちの料金体系は関西基準になっているもので…。

特許男(弐)さんは、経歴は普通のサラリーマンから特許業界に入られた方とのことです。これまでのところ、どちらかというと心の持ち方についての内容などを書かれています。文章の雰囲気などから察するに、クライアントの立場でかゆいところに手の届くようなサービスを提供されているのだろうかと想像します。嵐を呼ぶ評価基準のコメントの通りすがりの知財部員は、私なんですが(^^ゞ、ここで特許男(弐)さんからいただいたコメント

(弐)はツーカー関係に持ち込んでお互いの効率化を目指すことが多いので、実感があります。こうなれると、事務所側にとっても生産性が上がり、上がった分にはクライアント側にも割引で還元して、お互いのメリット大です。

から、そんな感じを受けました。私が昨日、打ち合わせした代理人さんも既にツーカー状態で、面倒な前提となる技術説明を省いていきなり発明のポイントに入れるのでとても楽です。ある程度こちらでクレームを準備しておいたので、それを叩き台に7件一気に依頼しました。結構難しい内容なので最初の頃は大変でしたけど、今になってようやく苦労が実ってきた感じです。やっぱり代理人さんとは末長く共存共栄でつきあいたいと思いますね。あっ、当然、実施例はこちらでばっちり準備してます(笑) ところで、“上がった分はクライアント側に割引で還元”・・・!?に過剰に反応する関西系知財部員のPecanでした。

いずれにせよ、事務所経営者のホンネが聞けて面白いブログです。更新が楽しみです。RSSリーダに登録しました。

スパムトラックバック

今日は幾分ココログが軽いような気がする。今のうちに書いてしまいましょ。

ココログが重いのは、スパムトラックバックとやらのせいらしいです。うちのブログにもよくアダルトサイトからトラックバックが張られて、そのたびに、IPアドレスをスパムとして登録して二度と来るなよ、と念じながら削除しています。こういうスパムが大量に送られてサーバが超重くなるらしいです。

スパムメールの次は、スパムトラックバック。あと100年経っても対象が変わるだけで、きっと同じようないたちごっこを繰り返しているんでしょうかね。

追記
--------
投稿して1時間後、まるで挑戦するかのようにお宝探検隊とかいう、スパムトラックバックが…。何のお宝だろうとつい開いてしまって激しく後悔。しかし、昨日までの重さが嘘のように軽い。やればできるじゃん、ココログ。

手帳交付案内キター!

ココログの投稿・管理のページが重いので、今日はメールで投稿することにします。

先日の金曜日にうちの奥さんの方から市役所に交付申請書を出してもらいましたが、今日、市役所から身体障害者手帳の交付についてという案内が郵送されてきました。

中身は、“申請書は○月○日に受付番号○番で受付しました。交付は受付日から約3週間後になります”という案内。これで計算すると、だいたい11月の中頃に交付される計算になります。うちの奥さんは喜んでいたみたいですが、喜ぶのはまだ早いかも知れない。書類の最後の方に“提出した診断書に疑義がある場合は、手帳の交付が遅れることがある”という文言がありますから…。でも、特に騙しているわけじゃないし、一応、公立病院の医師の診断書もあることだし…。首を洗って待つことにします。

ココログ最悪

最近、夜は非常に重すぎ。

今晩は2回にわたって、長い記事を書いたんですが、非常に重くて画面表示もリフレッシュされない状態に。何かしているうちに、別のボタンを押したらしく別画面に。戻るボタンを押したところ、長々と書いた記事は虚空に消失。ダメージでか杉。今日はもう書く気がしないス。

はてなにもアカウントがあるので、移行しようかと思案中です。

治ってきた~!

昨晩書いた、潰瘍性難治口内炎(名前は適当です)が、手元にあったステロイド系の軟膏により劇的に症状が改善しました。現在は、舌でさわると少し痛みがある程度で普通の口内炎くらいになりました。

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se23/se2399707.html

このトリアムシノロンアセトニドという舌を噛みそうな名前の薬は、10年位前に薬局で、“これは効きますよ”ということでもらったもので、年に1回くらいお世話になっています。服用期限をとっくに過ぎていそうですけど、とりあえず効いた。一応、上記サイトで副作用と禁忌の薬との飲み合わせもチェックしましたが、ホントは薬剤師に確認すべきだったんでしょうけど。あと1日くらい塗って様子見します。

今日は、かみさんが、同じく受験生をかかえるお母さんと別の中学の説明会に行くので、ドライバーでお送りする予定。送っていった後、会社で生活習慣病検診。今回はバリウムを避けるため、胃の検診を省略することにしました。

口の中が痛いよ~

最近、仕事の話ばかりでしたね。療養中とはいっても、仕事が生活のメインになってしまっているんだなあと思うことしきり。そこで、仕事と関係ない話を。

口の中のちょうど右の頬の内側に潰瘍のような口内炎?ができた。もう5日くらいになりますが、痛くて食事が進まないです。これって、心筋梗塞の何かの薬の副作用なのかな。最近0時台まで夜更かししていることが多いので、そのせい? あっと、今日もそろそろ0時を回りそう。もう寝ます。

そうそう、今度の給料日に健康保険組合から、高額医療費で戻ってきます。だいたい一ヶ月分の給料の手取りくらい。医療費を現金一括で払ってから蓄えも底をつき、苦しい日が続いていたのでありがたいす。あ、そうだ、今日うちの奥さん、身障者手帳の申請に行ってくれたのかな? まだ聞いてないぞ・・・。つい無駄話が長くなりました。今度はホントに寝ますから。では。

外部研修会など

途中まで書いたのに、操作中に消えてしまいました。(+_+) 編集画面の表示設定を変更しようとしただけなのに。くそ~、ココログめ。いつか見てろよ。(何を?) というわけで、先ほど書いた内容を思い出しつつ…。

続きを読む "外部研修会など" »

ばたばた

忙しくて更新できませんでした。この月~水の3日間の出来事を急ぎ足で書いてみます。

17日の月曜日は3週間ぶりに病院で検診。血液検査の結果、肝機能障害は見られず、パナルジンはそのまま服用を続けることになりました。あと、先生が書いてくれましたよ。身体障害者手帳のための診断書。弐千五百円也。4級相当のところに丸がされていますが、先生から口頭で、“市から確認のための電話がかかってくるかも、もし認められなかったらごめんなさいね”と若干弱気なコメントをいただきました。交付申請書に写真が必要なのですが、最近の写真が手元にない。準備したら早速申請します。

18日の火曜日と本日は知財部内の会議のため外出。その間、発明者に補充依頼をしていたチェック用の原稿4件、代理人から外国出願のための日本語草稿1件、メールに入っていました。会議の合間を縫って、原稿4件のうち1件をチェック。また、拒絶査定不服の審判請求を1件することに決定。先週末に書いた内製の2件はまだできてませんが、明日は大阪で研修なので、今週末に勝負をかけるしかなさそうです。

終了~!

とりあえず、意見書作成終了しました。基本的に無理な主張はしないので押しが弱いような気がしますが、ま、いいでしょう。

今日は、近所(といっても車で20分ほど)の大きな公園で末っ子の保育園の親子参加行事があり、一家で参加してきます。夜のうちに雨もやみ、ようやく日が照ってきました。なお、長男は模擬試験に行ってますのでお休みですが、行事では、家族人数分の弁当をもらえるらしいので、長男の分の弁当だけもらってくる予定です。

ところで、7時半頃、長男とその友人を試験会場(車で20分程度)のところに送っていったカミさんがまだ戻ってこない。住んでいるマンションの下の方から1時間くらいぺちゃくちゃとしゃべる声がするので、きっとおしゃべりに花を咲かせていることと存じます。参加行事、始まっちゃうんですけど…。

楽をして意見書を作る方法

今日は一日雨が降り続いていました。夕方ちょっと買い物に出たほかは、昨日書いた中間処理の対応を気が向いたときにやりながら、同時にPCの設定をやっていました。最近、会社の備品のNotePCを新しく入れ替えたので自宅で使いやすいようにカスタマイズしていたのです。会社の勤務時間中は忙しくて、こんなことにあまり時間をかけたくないもので…。

続きを読む "楽をして意見書を作る方法" »

明日は休みですが

月曜〆の拒絶理由通知対応が一件。発明者が子会社に行ったため、なかなか連絡が取れず遅れに遅れる。今日になってようやく補正案が定まりました。補正が決まれば後は一気呵成に・・と行きたいところです。

その他、今月中の出願が2件。これは代理人ではなくて内製。来週は会議や出張でバタバタするので、少なくとも一件は土日で決着をつけたい。あと、手元に代理人からの明細書案が4件戻ってきたので、これも土日でチェックしたい。

・・・・。

ふと、心筋梗塞になる前の生活に戻ってないか、と不安になりました。

クレームの構造解析

ITmediaニュース:特許文書を読みやすくする専用解析技術、NTTデータが開発

難解な特許文書を読みやすいように表示します──NTTデータは、自然言語処理技術を活用し、特許文書を解析して視覚的に表示したり、類似特許検索のためのキーワードを抽出することができる新技術を開発した

という記事が出ています。

続きを読む "クレームの構造解析" »

中間処理について

このところ毎週中間処理が入っています。

数ヶ月前に担当部門が変わったので、自分の出願案件は一件もなく、他人の案件ばかりです。うちの知財部の場合、担当する部門ごとに部署が分かれていて、担当部門が変われば自分の出願した案件でも他人に委ねることになります。他人の明細書は、自分と思考のパターンが違うせいか、読んでいてもなかなか頭に入ってこないものが多くて、大変です。

続きを読む "中間処理について" »

私立中学説明会

中学入試の説明会に行ってきました。住んでいる地域は受験する小学生が多くて、クラスの1/3から半分くらいが中高一貫教育の公立・私立を受けるようなことを聞いています。長男が塾に通い始めたのが5年生の2月からなので、かなり遅い方だと思いますが、最近少しずつ成績が上がりはじめて、もしかすると受かるかも知れないというところまできています。

続きを読む "私立中学説明会" »

知財バブル…実業と虚業の側面

自分に出来ること|【特許】特許実務家の呟き

将来性がこの業界にあるとはいえないかもしれませんが、私に出来るのは知財の仕事しかないのかもしれません。特許技術者は技術者の墓場とはよく言ったものです。無資格のまま知財の仕事を続けるのはあまり気が進みませんが、もう少し考えて見ます。

を読んで考えたこと。

続きを読む "知財バブル…実業と虚業の側面" »

またストレスが…

最近ストレスが多く、心臓にはあまり良くない状況です。時々胸のあたりにチリチリとした痛みがあるのはそのせいでしょうか。

前にも書きましたが、退院してからまもなく毎朝血圧を測っていて、約2ヶ月くらいになります。退院当初から最高血圧は105~115程度であまり変動がありません。しかし、最低血圧の方が徐々に上がってきています。当初は70の前半だったのが、80前後に。3回測って低い方を記録するようにしていますが、80を切ることはほとんどなくなりました。

続きを読む "またストレスが…" »

大→小×,小→大○?

先日の一太郎判決に対するblogの影響の記事には思いの外、反響が大きく驚きました。内容は、あくまでも推測に過ぎませんが、2chのの一太郎判決関係のスレを流し読みしたところ、情報をジャスト関係者にメールしたという投稿もありましたし、googleやgooで検索すれば、すぐにblogの内容が引っかかってくる時代ですから、関係者が情報に行きつくのは極めて容易であったと思われます。

続きを読む "大→小×,小→大○?" »

ナビのバージョンアップしちゃいました

以前書いたお馬鹿なナビの記事の続編です。

AZZESTの古いCD-ROMナビ用のデータとして、2004年に出た最新の地図データ(Road Explorer10.0)をネットオークションで入手しました。CD2枚組定価17640円なのですが1枚だけ買って約8000円。市販品は全国版として東日本版と西日本版の2枚組で売られているのですが、今回、Pecanの住んでいる地域の西日本版だけ買ったのです。

続きを読む "ナビのバージョンアップしちゃいました" »

一太郎判決(補足)

昨晩(今朝)、書いた件の補足ですが、shiomanekiさんのサイトで、切り札となったHPの文献(乙18発明)もネット上で発掘されたという情報(未確認情報)をいただきました。

続きを読む "一太郎判決(補足)" »

一太郎判決に対するblogの影響

昨日(一昨日)判決が出た一太郎判決の件、読売の朝刊でも一面トップでした。

判決速報を、印刷して子供の運動会の最中にのんびりとテントの中で読もうと思っていたのですが、実際バタバタしてそれどころではありませんでした(笑)。それに、よく考えてみれば、自宅のインクジェットで速報を印刷するとページがかさんでインクがなくなってしまうので、奥さんに怒られてしまうのは目に見えてます。

続きを読む "一太郎判決に対するblogの影響" »

運動会

10月から「続きを読む・・」の機能を利用してみます。

今日は、長男と長女の小学校の運動会でした。朝は曇っていて一日曇天かと思ったのですが、昼頃から太陽が出て、かなり暑くなりました。

続きを読む "運動会" »

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ