Link

[書評] インビジブル・エッジ

久々に書きます。昨年知財関係者の間で流行った本ですが、ようやくちょっと前に読み終わりました。Amazonのレビューにも投稿しておいたので内容と全く同じですが・・。

----------------

先日GoogleがMotorola Mobilityを約1兆円で買収するというニュースが流れた。Googleの目的は色々と取りざたされており、Google自身もAppleのように携帯電話製造に乗り出すのではないかと見る向きもあれば、Androidのプラットフォームに参入しているパートナー企業の携帯電話メーカーを訴訟の脅威から守るために、Motorolaの保有している特許を入手したに過ぎないという見方もある。

このインビジブル・エッジを読んでいる最中だったので、このニュースに接したとき、Googleの狙いは後者以外にないと思った。なぜなら、物づくりをしている企業はそれだけで弱みを抱えているからだ。すなわち、携帯電話メーカーであれば、規格にからんだ必須特許を使わざるを得ず、強い交渉力を得ることができない。

この本では、物づくりを行なっている企業のことを、中から外に向けて石を投げることができないので「ガラスの家」と読んでいる。これに対して、イノベーションに注力して有効な特許を持っていながら物づくりをしていない企業を「サメ」と読んでいる。このサメ型企業の典型はQualcommであり、物づくりをしている企業に対して強力な知財による交渉力を有し、莫大なライセンス料を得ている。

Googleはもともと物づくりをしていなかったので、強い特許さえ手にすれば、Qualcommのようにサメ型の企業となることができる。それに対して、AppleやMicrosoftなど、Android陣営に対して攻撃を仕掛けてくる相手は、物づくりをしている以上、「サメ」ではなく「ガラスの家」に過ぎない。したがって、物づくりをしていないGoogleが知財という武器を手にすれば、すぐに優位な位置に立つことができる。Googleがこの有利な立場を捨ててまで物づくりに固執することは考えにくい。

なお、このレビューを書く直前の9月7日に、Androidのプラットフォーム上でAppleと訴訟を繰り広げている台湾のHTC社に対して、今回Motorolaから得た特許を含む9件の特許を譲渡している。これは、最前線で戦っているHTCに対して、強力な武器弾薬を補給したような形となっており、先に述べたようにGoogleは特許をAndroidのプラットフォームを訴訟の脅威から守るための盾として利用していることが明らかだ。

インビジブル・エッジという題名からは、「見えない刃」という言葉を連想するが、このエッジという言葉は「競争優位」という意味もある。上述したGoogleの例にもあるように、現在は見えない武器としての「知財」をどのように利用するかでめまぐるしく競争戦略上のポジションが変化する時代である。この本の著者はBCG(ボストン・コンサルティング・グループ)において経営戦略の研究を行ってきた人達であり、ポーター教授の「競争の戦略」の内容を踏まえ、業界の競争環境を分析するフレームワークであるファイブフォースの中における知財の占めるポジションについても明確にした上で話を展開している。それゆえに、話の流れも明確で極めてわかりやすい。従来よくあった知財関係者による単なる思いつきや事例紹介の本とは一線を画していると感じた。知財関係者に限らず、経営に興味のある方々であれば、決して読んで損はない本だと思う。

マルチバッテリーチャージャーをモバブーで充電

IS03は基本的にお気に入りの機種ですが、バッテリ容量が1020mAhで、iPhone4(1420mAh)、Galaxy S(1500mAh)の2/3程度。これらの機種もバッテリが足りないと言われているわけですから、IS03がどんなかははご想像にお任せします。

そこで、Eneloopのモバイルブースター(KBC-L2BS)、通称モバブーを購入して利用しております。これは5000mAhの容量があり、2回半くらいは余裕で満タン充電可能です。ただ、IS03に直接接続して充電すると当然ながら線が邪魔。やはりここは複数のバッテリーを持っておいて減ってきたら、ササっと差し替えた方がスマートです。

購入宣言してゲットしたバッテリーについては、単独の充電器(Qwayのマルチバッテリーチャージャー)を入手しておりました。これは基本的にはAC電源方式ですが、USB接続端子からも充電可能と書かれておりました。

したがって、これとモバブーの接続ができれば、とりあえずは満タンのバッテリーを本体に入れ替えて、空になったバッテリーをモバブーで充電することで、AC電源のない場所でバッテリーの充電が可能ということになります。

で、調べてみたところ、マルチバッテリーチャージャーとモバブーを接続するUSBケーブルが、両方の端子がType Aのもの(通常のPCなどに差し込むオスの端子)を入手しなければならず、手持ちのケーブル類に含まれていないことがわかりました。まぁ、よくある端子だから、売ってるだろう、ちょっと買いに行ってくるか、と自宅を出たものの、地元の電器店をいくつか回っても全く在庫なし。片側はType Aなのですが、反対側が、ほとんどはType Bだったり、スマホ接続用のmini Bの端子の組み合わせばかり・・。結局、ネットを探して、楽天で安く売っていたのをゲット。1mで約150円とお得でした。ただ、ちょっと腰が強いのが難点で、収納に不便です。もっとソフトで短い(0.5m程度でOK)のがあれば良いのですが・・。

974842318_75
写真は早速モバブーをマルチバッテリーチャージャーに接続して充電している様子です。正確に測ったわけではありませんが、AC電源から充電するのとだいたい同じくらいの速度で充電できました。直接、モバブーを本体に接続して充電するよりは遅いですが、まぁ、バッテリーには優しいだろう、ということで。

宣言でもらったバッテリー1個ではちょっと不安だったので、楽天でもう1個純正バッテリーを購入して、全部で3個となりました。これらにナンバーをふって順繰りに使ってます。

以上、かばんの中だけでバッテリーの充電が可能となり、とりあえず、アウトドアにおける充電環境が整いました。なんか、バッテリーばかりに1万円くらい使ってしまいました。ホント金食い虫ですねぇ。

昨秋にIS01とIS03を相次いで入手

かなりご無沙汰していました。
昨夏、iPhone4がほしいなどというエントリを書いていたのですが、結局、昨秋9月にauのAndroid携帯のIS01を、11月にIS03を相次いでゲットしました。

主にIS03を手にとっていることが多いのですが、mixiの某所のコミュニティに入会した時の紹介文をアップしておきます。

以下・・。

1.IS03に対する情熱

auのケータイを10年以上使い続けており、Android携帯の登場を待ち焦がれていたのですが、でてきたのはIS01という変化球。ようやく昨年9月頃に2chの情報リークでIS03~06が出るという噂を知り、発表した当日にauショップで予約。11月26日に白を入手しました。

なお、10月にいきつけのauショップでIS01が0円で売られているのを見て、つい新規契約してしまい、Wifiオンリーで使っております(いわゆる8円運用)。

IS03は、購入後約1ヶ月問題なく使っておりましたが、突然リブートを繰り返して待ち受け画面に到達できなくなるという故障に見舞われ、12月23日にauショップに持ち込み、預かり修理となりました。約1週間後、ちょうど大晦日の日に基板交換となって戻ってきました。その間、ガラケーにSIMを戻して使っていましたが、戻ってくるまでの長かったこと。もはやIS03を手放せない身体になってしまっていることがわかりました。

交換後は極めて調子が良く、バッテリ回りも含めて特に問題はありません。


2.どんな使い方をしたいか

基本的には、Google系のアプリを利用した情報集積、情報加工ツールとしての利用が最大の目的ですが、皆様と色々と情報交換させていただき、もう少し別の使い方(音楽・映像関係)や、可能ならroot化関係(むろん自己責任で)もできたらいいなと思っています。


3.おすすめAndroidアプリまたは、使ってみたいアプリ

<おすすめアプリ>
IS01の頃から数えると、もう何度もオールリセットでの環境再構築を行なっています。そんな私にとって、APP List Backupは、アプリをマーケットから直接ダウンロードしてくれる極めて便利なツールだなと思いました。Appmonsterもよいのですが、SDカードに多くの容量を必要とするのと、コピー不可のアプリが相当数ありますので・・。

もうひとつ、Oruxmapsというアプリですが、あらかじめGoogleマップを変換して専用mapを作成しておけば、オフラインでもGPSロガーとして利用することができるという面白いものです。主にIS01で使っていたのですが、IS03でも問題なく動作し、時々利用しています。英語版なので少しハードルが高いかもしれませんが・・。

<使ってみたいアプリ>
あまりアプリのことを知らないのですが・・、強いて言えば、Barnacle Wifi Tether あたりでしょうか。root化が必要ですが、これができれば、WifiオンリーのIS01も活きてくるので・・。

以上ですが、だいたい同じ操作ばかりしているので、実際には、IS03のことはよくわかっていないのが現状で、当たり前のことができなかったりします(苦笑)。ぜひ皆様と一緒にIS03に対する知識と愛情!をさらに深めていきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

«[書評]マイクロソフトを変革した知財戦略

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter widgets

あわせて読みたい

  • あわせて読みたいブログパーツ
無料ブログはココログ